全3692文字
PR

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、中国・華為技術(ファーウェイ、Huawei)の「HUAWEI P40 Pro 5G」(以下、P40 Pro 5G)だ。同社の最新フラッグシップモデルで、ドイツ・ライカカメラ(Leica Camera)が監修するクアッドカメラを搭載している。

 このスマホは5Gに対応しており、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの5G用周波数(Sub6)に対応している。実売価格は10万8800円(税別)。AndroidをベースとするOSを搭載しているが、米グーグルのGMS(Google Mobile Services)には対応していない。Google Playストアを利用できないなど、注意すべき点もあるのだ。

 ファーウェイから借りた端末を1週間ほど使ってみたので、主要機能を見ていこう。

ファーウェイの「HUAWEI P40 Pro 5G」
ファーウェイの「HUAWEI P40 Pro 5G」
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

画質を向上させた4眼カメラは、撮影後の編集機能も進化

 P40 Pro 5Gの最大の特徴はカメラである。従来のPシリーズと同じくカメラ部には「LEICA」と記され、世界的なカメラの老舗ブランドであるライカとコラボレーションして開発したカメラであることを強調している。

 前モデルの「P30 Pro」も4眼カメラを搭載していたが、P40 Pro 5GはP30 Proよりもセンサーサイズを大きくして、画像処理を強化している。このカメラをファーウェイは「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」と称している。

背面にライカカメラが監修した4眼カメラを搭載。メインカメラはスマホでは最大級の1/1.28の大型センサーを採用している
背面にライカカメラが監修した4眼カメラを搭載。メインカメラはスマホでは最大級の1/1.28の大型センサーを採用している
[画像のクリックで拡大表示]

 4眼カメラは広角(5000万画素/F1.9)+超広角(4000万画素/F1.8)+望遠(1200万画素/F3.4)+3D被写界深度カメラという構成だ。

超広角で撮影。左上の写り込みは筆者の指。撮影後パソコンに取り込んだ際に気付いたのだが、超広角で撮る際はカメラの近くに指を置かないように注意したほうがよいだろう
超広角で撮影。左上の写り込みは筆者の指。撮影後パソコンに取り込んだ際に気付いたのだが、超広角で撮る際はカメラの近くに指を置かないように注意したほうがよいだろう
[画像のクリックで拡大表示]
広角(1×)で撮影。超広角とはアスペクト比が異なる
広角(1×)で撮影。超広角とはアスペクト比が異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 望遠カメラは光学で5倍、最大50倍ズーム(光学ズームとデジタルズームを併用)で撮影できる。10倍ズーム(10×)で撮影しても、さほど画質劣化は気にならなかった。50倍ズーム(30×)だと画質劣化は目立つが、デジタルズーム撮影時の画質はP30 Proよりも良くなっていると感じた。

望遠カメラ、光学5倍ズーム(5×)で撮影。水面やカモなどの被写体が動く状況だったが、手持ち撮影でもくっきりとした写真になった
望遠カメラ、光学5倍ズーム(5×)で撮影。水面やカモなどの被写体が動く状況だったが、手持ち撮影でもくっきりとした写真になった
[画像のクリックで拡大表示]
10倍ズーム(10×)で撮影しても、さほど画質劣化は気にならない
10倍ズーム(10×)で撮影しても、さほど画質劣化は気にならない
[画像のクリックで拡大表示]
50倍ズーム(50×)で撮影。筆者は前モデルのP30 Proを所有しているが、P40 Pro 5Gはデジタルズーム撮影時の画質が向上していると感じる
50倍ズーム(50×)で撮影。筆者は前モデルのP30 Proを所有しているが、P40 Pro 5Gはデジタルズーム撮影時の画質が向上していると感じる
[画像のクリックで拡大表示]
高倍率ズーム撮影時に、撮影フレームが分かるガイドが表示され、ピントが合わせやすくなった
高倍率ズーム撮影時に、撮影フレームが分かるガイドが表示され、ピントが合わせやすくなった
[画像のクリックで拡大表示]