全2629文字
PR

 今回レビューするSIMフリースマートフォンは、中国OPPO(オッポ)の「OPPO Reno3 A」だ。昨年、日本独自モデルとして発売してヒットした「OPPO Reno A」の後継機で、前モデルに引き続き日本のユーザーの需要が高い“おサイフケータイ”と“防水・防じん”に対応させていることがセールスポイントである。クアッドカメラを搭載しバッテリー容量を増やすなど、機能面の強化も図られている。

 メーカー希望小売価格は3万9800円(税込み)。量販店やECサイトで購入できるほか、多くのMVNO(仮想移動体通信事業者)も取り扱っている。

中国OPPO(オッポ)の「OPPO Reno3 A」
中国OPPO(オッポ)の「OPPO Reno3 A」
(撮影:村元 正剛、以下記載のないものは同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

大画面の有機ELディスプレーは指紋センサー内蔵

 ディスプレーは6.44インチで、解像度は2400×1080ドット。有機ELを採用しており、コントラストがはっきりした表示で画像の細部や小さな文字の視認性は高い。インカメラをパンチホールにしたことによって、画面占有率は89.9%と高いほうだ。ただしOPPOの上位モデルに比べるとベゼルはやや太めである。別の見方をすると画面の端に指が当たって誤反応する不安がないので、それをメリットと捉えることもできるだろう。

6.44インチの有機ELディスプレーは、小さな文字もくっきりと表示される。サイズは160.9×74.1×8.2ミリで、重さは約175グラム
6.44インチの有機ELディスプレーは、小さな文字もくっきりと表示される。サイズは160.9×74.1×8.2ミリで、重さは約175グラム
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレー内に指紋センサーを搭載。顔認証でのロック解除も可能だ
ディスプレー内に指紋センサーを搭載。顔認証でのロック解除も可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 右側面に電源ボタンとSIMスロット、左側面に音量ボタン。底部にUSB Type-Cポートとイヤホンジャックがある。充電器とイヤホンはもちろん、透明のスマホケースも同こんされているので、何も買い足すことなくすぐ使い始められる。

右側に電源ボタンを搭載
右側に電源ボタンを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
左側に音量ボタンを搭載
左側に音量ボタンを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
底部にはUSB Type-Cポートと、独立したイヤホンジャックを搭載する
底部にはUSB Type-Cポートと、独立したイヤホンジャックを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
透明のスマホケースやマイク付きイヤホンも付属している
透明のスマホケースやマイク付きイヤホンも付属している
[画像のクリックで拡大表示]

 SIMスロットには2枚のnanoSIMを挿せて、1枚はmicroSDとの排他利用になっている。内部ストレージの容量が128Gバイトなので、動画を撮ることが多い人を除けばmicroSDが必要になることはまれだろう。

SIMスロットには2枚のnanoSIMを搭載でき、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。2枚目のSIMの代わりにmicroSDカード(最大256Gバイト)を装着することも可能
SIMスロットには2枚のnanoSIMを搭載でき、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。2枚目のSIMの代わりにmicroSDカード(最大256Gバイト)を装着することも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。筆者は借りたブラックは、背面パネルに曲面ガラスを使用し光沢が強めの印象だ。地味すぎず、派手でもなく良い意味で無難なカラーと言えそうだ。なおホワイトはシンプルな白ではなく、薄い青から白へのグラデーションカラーを採用している。華やかさを求める人は、量販店などで実機を見てみるとよいだろう。

カラーバリエーションはブラックとホワイト
カラーバリエーションはブラックとホワイト
(出所:オッポジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
背面パネルのエッジ部には曲面処理が施されている
背面パネルのエッジ部には曲面処理が施されている
[画像のクリックで拡大表示]