全3314文字
PR

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは中国OPPO(オッポ)の「OPPO Reno5 A」だ。コストパフォーマンスの高さに定評のあるOPPO Reno Aシリーズの第3弾で、初めて5Gに対応した。おサイフケータイ、防水・防じんなど日本市場に向けたモデルになっている。2021年6月11日発売予定で、市場想定価格は4万3800円(税込み、以下同じ)。第1弾・第2弾は3万円台だったのに対して、Reno5 Aは4万円台になった。4万円を超えても買いか。発売に先駆けて借りた端末を1週間ほど使ってみた。

中国OPPOのSIMフリースマホ「OPPO Reno5 A」
中国OPPOのSIMフリースマホ「OPPO Reno5 A」
撮影:村元 正剛、以下同じ
[画像のクリックで拡大表示]

注目すべきポイントは5つ

 OPPO Reno5 Aは、Snapdragon 765Gを搭載するミドルハイモデル。6.5インチの大画面ディスプレーが見やすく、多彩な撮影モードを備えた4眼カメラを搭載している。海外メーカー製のSIMフリースマホながら、おサイフケータイが使えることも魅力だ。多くの人が求める機能がバランスよくまとまった端末に感じられた。筆者が特に気に入ったポイントを挙げておこう。

  1. 大画面だが薄くて軽く、片手でも操作しやすい
  2. シーンを選ばずきれいに撮れる4眼カメラ
  3. 多くの人が満足できるパフォーマンスを確保
  4. 使いやすく進化したColorOS
  5. 5GとeSIMに対応し、長く使い続けるうえでも安心

 では、この5つのポイントについて詳しくレビューしていく。