全3224文字
PR

 今回レビューするSIMフリースマートフォンは、台湾の華碩電脳(エイスース、ASUS)の「Zenfone 8」だ。Zenfoneは従来「ZenFone」という表記だったが、この製品から「F」が小文字の「f」に変わった。

台湾の華碩電脳の「Zenfone 8」
台湾の華碩電脳の「Zenfone 8」
(撮影:村元 正剛、メーカー提供の写真を除いて以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 それに合わせたわけではないはずだが、このZenfone 8はコンパクトなボディーが大きな特徴となっている。また、おサイフケータイと防水・防じんに対応したことも見逃せない。メーカーから借りた端末を1週間ほど使ってみた。

Zenfone 8は、RAM(メモリー)とROM(ストレージ)の容量が異なる3モデルがある。8GB RAM+128GB ROMモデルは7万9800円、8GB RAM+256GB ROMモデルは9万2800円、16GB RAM+256GB ROMモデルは10万8800円
Zenfone 8は、RAM(メモリー)とROM(ストレージ)の容量が異なる3モデルがある。8GB RAM+128GB ROMモデルは7万9800円、8GB RAM+256GB ROMモデルは9万2800円、16GB RAM+256GB ROMモデルは10万8800円
[画像のクリックで拡大表示]

筆者が気に入った5つのポイント

 結論を先に述べると、Zenfone 8は非常に使いやすい端末だった。筆者が特に気に入ったのは下記の5点。

  1. コンパクトなので片手で楽に操作できる
  2. Snapdragon 888を搭載し見た目によらずパワフル
  3. ヘビーに使っても電池は1日以上持つ
  4. AI対応デュアルカメラはナチュラルな色で撮れる
  5. 日本独自仕様に対応し安心度が向上

 では、気に入ったポイントについて詳しく解説していこう。

コンパクトなので片手で楽に操作できる

 Zenfone 8は5.9インチの有機ELディスプレーを搭載。5Gスマホの中では小さめで、横幅は68.5mmに抑えられている。片手でしっかりつかめるサイズ感で、片手で持っても、画面のほとんどの範囲に指が届く。さらに、画面の下中央をサッとなぞるだけで、画面表示を引き下げられる「片手モード」も備えている。片手での操作性を重視する人にはもってこいの端末だ。

サイズは約148×68.5×8.9mmで、重さは約169g。5.9インチ画面の解像度は2400×1080ドットで、小さな文字もクッキリと表示される
サイズは約148×68.5×8.9mmで、重さは約169g。5.9インチ画面の解像度は2400×1080ドットで、小さな文字もクッキリと表示される
[画像のクリックで拡大表示]
画面下部を下方向にスワイプすると、画面表示を引き下げられる
画面下部を下方向にスワイプすると、画面表示を引き下げられる
[画像のクリックで拡大表示]
指紋センサーは画面内に搭載し、親指を当ててスピーディーにロックを解除できる
指紋センサーは画面内に搭載し、親指を当ててスピーディーにロックを解除できる
[画像のクリックで拡大表示]

 右側面に音量キーと電源キーを搭載。電源キーは正確には「スマートキー」という名称で、長押しや2回押しでよく使うアプリを起動させるなどのショートカットを設定できる。

右側面に音量キーとスマートキーを搭載
右側面に音量キーとスマートキーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
スマートキーに割り当てる機能は変更可能
スマートキーに割り当てる機能は変更可能
[画像のクリックで拡大表示]

 上部には3.5mm穴のイヤホンジャックを搭載。底部にはUSB Type-CポートとSIMスロットを備えている。nanoSIMを2枚挿せて、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)にも対応しているが、microSDは装着できない。内部ストレージは128GBまたは256GBのモデルを選べるが、写真や動画を多く保存する人は256GBモデルを選ぶべきだろう。

上部にイヤホンジャックを搭載。なお、本体にもデュアルスピーカーを搭載し、ステレオサウンドを出力できる
上部にイヤホンジャックを搭載。なお、本体にもデュアルスピーカーを搭載し、ステレオサウンドを出力できる
[画像のクリックで拡大表示]
底部にSIMスロット、USB Type-Cポート、スピーカーを搭載
底部にSIMスロット、USB Type-Cポート、スピーカーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
SIMスロットには表裏1枚ずつnanoSIMを装着できる
SIMスロットには表裏1枚ずつnanoSIMを装着できる
[画像のクリックで拡大表示]

 カラーバリエーションは3色あり、色によって質感が異なるとしている。筆者が借りたムーンライトホワイトは光沢が強く、奥行き感のある白だった。写真ではありきたりの色に見えるかもしれないが、実際には高級感のある仕上がりだった。

カラーはムーンライトホワイト、ホライゾンシルバー、オブシディアンブラックの3色から選べる
カラーはムーンライトホワイト、ホライゾンシルバー、オブシディアンブラックの3色から選べる
(写真提供:ASUS JAPAN)
[画像のクリックで拡大表示]
ムーンライトホワイトは美しい深みのある白で、質感もよかった
ムーンライトホワイトは美しい深みのある白で、質感もよかった
[画像のクリックで拡大表示]