全2844文字
PR

 今回レビューするスマートフォンは「Google Pixel 6 Pro」。米Google(グーグル)の純正スマホ「Pixel」シリーズの最新モデルで、同時に発売された「Google Pixel 6」の上位モデルに当たる。Pixel 6 ProのほうがPixel 6よりも画面が大きく、カメラの性能が高く、Sub6とミリ波の両方の5Gに対応しているなどの優位性がある。

米GoogleのSIMフリースマホ「Google Pixel 6 Pro」
米GoogleのSIMフリースマホ「Google Pixel 6 Pro」
(出所:筆者撮影、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel 6 ProのGoogleストアでの価格は128GBモデルが11万6600円(税込み、以下同じ)で、256GBモデルが12万7600円。ソフトバンクでも取り扱っている。なお、筆者はグーグルからPixel 6とPixel 6 Proの両モデルを借りて使ったので、両モデルの差分についても適宜紹介する。

よく考えられたデザインだが大きい

 筆者がPixel 6 Proを手にした第一印象は「でかい」だった。6.7インチの大画面ディスプレーを搭載しているため、横幅は75.9mmで、重さは210gもある。ずっしりとした重さを感じ、ポケットに収めるにはかさばるサイズ感だ。

ベゼルは細いがそれでもなお大きいという印象は否めない
ベゼルは細いがそれでもなお大きいという印象は否めない
[画像のクリックで拡大表示]

 背面には黒く出っ張った部分があり、そこにトリプルレンズカメラが搭載されている。この「カメラバー」はデザイン面でのアクセントになっている。別売りの純正ケースに入れると、出っ張りが目立たなくなる。よく考えられた仕様だが、ケースの分だけさらに大きくなってしまうのは悩ましいところだ。

背面に帯状のカメラバーがあり出っ張っている
背面に帯状のカメラバーがあり出っ張っている
[画像のクリックで拡大表示]
別売りの純正ケースに入れると出っ張りが相殺される
別売りの純正ケースに入れると出っ張りが相殺される
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、下位モデルのPixel 6のディスプレーは6.4インチ。ボディーは一回り小さいが、それでも横幅は74.8mmで、重さは207gもある。Pixel 6も小さくはない。

左がPixel 6 Proで、右がPixel 6。Pixel 6のほうがベゼルが太い。横幅は1.1mm、重さは3gしか差がない。なお、ホーム画面は筆者が設定したものだ
左がPixel 6 Proで、右がPixel 6。Pixel 6のほうがベゼルが太い。横幅は1.1mm、重さは3gしか差がない。なお、ホーム画面は筆者が設定したものだ
[画像のクリックで拡大表示]

 右側面に、電源オン、画面のオン・オフ、Googleアシスタントの起動に使うサイドキーと、音量キーを搭載。電源オフはサイドキーではなく「クイック設定」から行う。底部にUSB Type-Cポートを備え、イヤホンジャックは搭載していない。スピーカーは上下に搭載し、音量はかなり大きく出せる。フルボリュームにしても音が割れず、スマホの内蔵スピーカーとしては音質はよいと感じた。

右側面にサイドキーと音量キーを搭載
右側面にサイドキーと音量キーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
底面にUSB Type-Cポートを搭載
底面にUSB Type-Cポートを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 左側面にあるSIMスロットにはnanoSIMを1枚しか挿せない。ただeSIMが使えるので、2回線を使い分けることもできる。