秋田駅前の大型商業ビルを再生、6層連続の耐震壁をシンボルに

 JR秋田駅の駅前広場から見た南側全景。フッ素樹脂塗装したアルミ板でコの字に囲まれた内側に、高さ6層分のコンクリート打ち放しの耐震壁が立ち上がる。写真左側に見えるエレベーター部分は既存のままだ。1974年完成の建物を、耐震補強を含めて全館リニューアルし、2017年10月28日にオープンした(写真:吉田 誠)
JR秋田駅の駅前広場から見た南側全景。フッ素樹脂塗装したアルミ板でコの字に囲まれた内側に、高さ6層分のコンクリート打ち放しの耐震壁が立ち上がる。写真左側に見えるエレベーター部分は既存のままだ。1974年完成の建物を、耐震補強を含めて全館リニューアルし、2017年10月28日にオープンした(写真:吉田 誠)

カーソルキー(←/→)でも操作できます