PR

複雑怪奇な音声関連プロファイル

 これがBluetoothになると、プラグが存在しないためもはや見分けがつきません。Bluetoothの機能を定義した「プロファイル」の有無で判別することになります。問題は、機器が対応するプロファイルが何なのか、実際に使っているのはどのプロファイルかを調べる手段に乏しいことです。

 Bleutoothのバージョン3.0までに、ヘッドセット用に「HSP/HFP」が、ヘッドホン用に「A2DP」というプロファイルが整備されました。順番に見ていきましょう。

 まず、HSP/HFPです。バージョン1.0では片耳型のヘッドセットを無線化する目的で「ヘッドセット・プロファイル」(Headset Profile、HSP)が作られました。ほどなくして、発信元の情報などを音声で通知する機能などを追加した拡張仕様が「ハンズフリー・プロファイル」(Hands-Free Profile。同HFP)として定義されました。

 Bluetoothヘッドセットは、HFPとHSPの両方に対応していることがほとんどです。HFPのほうが高性能なので、自動でHFPでの接続を優先させるのが普通ですが、手動で切り替えるものもあります。HFPが出始めたころは、仕様解釈の微妙な違いから、双方ともにHFP/HSPを持っていながら、HSPでしかペアリングできないという場合もまれにありました。

 次に、A2DPです。HSP/HFPには、音声をステレオで伝送する機能はなく、かならずモノラルになります。そこでBluetoothでステレオヘッドホンを実現するプロファイルとしてA2DP((Advanced Audio Distribution Profile))が、再生機能を制御するための「AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)」がそれぞれ策定されました。AVRCP対応であれば、ヘッドホン側で再生開始や一時停止、前後の曲へのスキップなどの指示を出せるようになります。両者は独立した仕様なので、A2DPに対応していても、AVRCPに対応していなければ、機器の制御はできません。

 前述の「両耳型のステレオヘッドホン兼用のヘッドセット」は、この3つのプロファイルを持っていることが普通です。Bluetoothヘッドホンには、ヘッドセット機能が含まれていることが少なくありません。具体的にはHSP/HFPを持っているのです。スマートフォンで音楽を聴いている最中に電話が着信したとき、音楽をヘッドホンで聴いているため、ヘッドホンをはずしてヘッドセットに付け替えるというのも面倒だからです。

 一方で、「片耳型のヘッドセット」にもA2DP対応でモノラルながら音楽再生が可能なものがあります。HSP/HFPは通話のための機能で、音声を流せるのは発着信の時だけです。スマートフォンの周辺機器としてアラームやSNSの通知音などを再生するヘッドセットは珍しくありませんが、この機能のためにA2DPを使う製品があります。

 現在はほとんど存在しないHSPのみ対応の製品を除くと、Bluetoothのヘッドホン、ヘッドセットが持つプロファイルは、次の3パターンが考えられます。

  • HSP/HFP
  • HSP/HFP+A2DP(ヘッドセットが主機能の場合)
  • A2DP/AVRCP+HSP/HFP(ヘッドホンが主機能の場合)

 見た目だけでも似かよっていて区別がしにくいのに、それでも機能上も3パターンあります。例えば「Bluetoothスピーカー」と呼ばれるカテゴリーの製品は、Bluetoothの機能的にはヘッドホンとまったく同じでA2DPやAVRCPを使いうつ、音楽再生中に着信を通知できるようにHSP/HFPを持っているものも少なくありません。