PR

 ユーザー登録後、まずオンラインでチャージをして、そこからデータパッケージを購入します。ルーターはデータパッケージの通信残量が切れてしまうと通信できなくなるため、データパッケージはWi-Fiなど別の方法で通信できる環境か、データパッケージが切れる前に購入しておく必要があります。

 従量制接続も可能で、使った分だけチャージから差し引かれます。従量制接続は地域が限定されないため世界中どこでも利用可能ですが、データパッケージに比べると割高になり、どちらかというと短期間の利用に向いています。GlocalMeアプリで「従量制接続」をオンにしなければ、データパッケージが切れたときに従量制接続に切り替わることはありません。

GlocalMeサービスにチャージすると、データパッケージと従量制接続のどちらにも使える。日本からの支払いにはPayPalが利用できる
GlocalMeサービスにチャージすると、データパッケージと従量制接続のどちらにも使える。日本からの支払いにはPayPalが利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 購入時には、1年間有効で1.1Gバイトまで世界中どこでも通信可能なデータパッケージが付属しているため、購入後すぐに使いはじめることができます。モバイル利用だと結構使いでがある通信量です。今回は、海外での利用ということで、最初から付属しているデータパッケージを消費してから10ドルをチャージして、ドイツで使えるデータパッケージを購入しました。データパッケージは購入後、有効になるまでタイムラグがありました。継続的に通信をしなくてはならない場合は注意した方がよいかもしれません。

英語だが、パッケージの説明が表示される
英語だが、パッケージの説明が表示される
[画像のクリックで拡大表示]