全1660文字
PR

「トイレ行列」はなぜなくならないのか

 話は変わりますが、今号は連載記事・「想定外」の教訓「トイレが…足りない!」でトイレの行列問題を取り上げました。駅や商業施設、イベント会場などで、男性トイレはすいているのに、女性トイレは長蛇の列という光景をよく目にします。なぜトイレの行列は発生するのか、豊富な事例を参照しつつ、その原因と対策を探りました。

(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「トイレを見れば設計者の力量が分かる」としばしば言われます。記事中で、トイレ設計に詳しい設計事務所ゴンドラの小林純子代表は、「トイレ設計は安全・清潔であることをはじめ、多様な条件を満たす必要がある。なかでも利用者を必要以上に待たせないことは、大事なポイントだ」と話しています。

 トイレの利用者数やその属性を想定したうえで適正な便器の数や機能を割り出すのは、想像以上に難しいことです。記事中ではトイレ待ちを生む3つの要因をまとめ、対策事例を紹介しています。ぜひ設計のヒントにしてみてください。

 このほか、フォーカス建築では、「M形アーチで魅せる無柱駅舎」と題して、19年1月3日に運用を始めた東京メトロ銀座線渋谷駅を取り上げています。渋谷の公道上空で電車を走らせながら新駅を築くという難条件に、設計者や施工者はいかに挑んだのか。ぜひご一読ください。

(写真:吉田 誠)
(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]