PR

 見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発売記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。片流れ屋根の棟部に施工する板金の継ぎ目の処理についてクイズ形式で示す。

 軒ゼロ住宅を数多く手掛ける住宅会社の玉善(名古屋市)は、外壁通気層と小屋裏を一体化させ、外壁の最上部に換気孔を設けない設計を採用している。同社の軒ゼロ住宅では、防止水対策としてどのような納まりを採用しているのかを見ていこう。

 今回は、片流れ屋根の棟部に施工する板金の継ぎ目の処理について、ポイントとなる部分をピックアップした。

 手順は次の通り。まず、野地板の端部を包み込んだルーフィングをL字型の捨て板金で押さえ、通気破風下地にステンレスくぎで固定する。屋根の仕上げ材を葺き上げたら、その最上部に包み板金の下地材を固定。そこに、1次板金となる棟包み板金を下地材の側面にステンレスくぎで固定する。

 さて、ここで問題。玉善では、この後、施工した棟包み板金の継ぎ目を塞いでいる。その処理方法はどのようなものか。以下の3つから選んでみよう。下の動画で施工している様子を見れば、ヒントが隠れているかも…。

(資料:日経ホームビルダー)

答えは…

  • A:“現場溶接”
  • B:“コーキング”
  • C:“はんだ付け”

 正解は「棟部に施工する板金の継ぎ目の処理は?(解答編)」で確認しよう。

動画のフルバージョンは、DVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」に示す。玉善が実践する軒ゼロ住宅の雨漏り防止策など、ノウハウを満載した。