全2285文字
PR

 深層学習を使ううえでは、AIが答えを導いた過程や着目した点が分かりにくくなる「ブラックボックス化」が課題だ。特に、生活に密接する土木インフラを扱う建設業界ではあだになるリスクもある。例えば、インフラの損傷の状態や将来の劣化を判断する「診断AI」は、技術者が理解できない答えを出す恐れがある。それを基に補修した構造物で事故が起こった場合、利用者への説明責任を果たせない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料