全1338文字
PR

 応用地質は、建設・維持管理の需要が高い都市の3次元地盤モデルを構築・管理するソフトウエア「OCTAS Modeler」を開発した。平野部の地盤や成層の簡易な地質構造を対象としており、地質にそれほど詳しくない技術者でも簡単な手順で作製しやすい。

 地質リスクを3次元で可視化して、基礎構造物の設置など地下工事におけるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の活用を後押しする。

OCTAS Modelerで作製可能な3次元地質・地盤モデルは、比較的単純な地質構造を対象にしている(資料:応用地質)
OCTAS Modelerで作製可能な3次元地質・地盤モデルは、比較的単純な地質構造を対象にしている(資料:応用地質)
[画像のクリックで拡大表示]

 「世の中に出ている3次元地盤モデルのソフトは、扱いが難しい。その点、OCTAS Modelerは使い勝手が良い」。応用地質情報システム事業部の嘉山稔朗事業部長は、こう話す。

 入力の流れに沿って、国の電子納品様式の柱状図データなどを取り込み、条件を設定すれば機械的に3次元モデルを作製する。支持層や土質区分、地盤強度、地下水面など様々なモデル化が可能だ。3次元CADデータへ出力できる他、任意の断面で2次元図面として切り出せる。応用地質がモデルの妥当性を解析・評価する受託サービスもある。

OCTAS Modelerで作った様々なモデル(資料:応用地質)
OCTAS Modelerで作った様々なモデル(資料:応用地質)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにドローン空撮による点群データや物理探査データなどを重ねて可視化することも可能だ。

 属性情報の付加にもこだわった。全国地質調査業協会連合会の「3次元地質解析技術コンソーシアム」で検討する地盤モデルの地質調査性能基準を、いち早く導入した。その他、国のCIM導入ガイドラインで定める「引継シート」にも対応している。

属性情報の入力例(資料:応用地質)
属性情報の入力例(資料:応用地質)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料