全1152文字
PR

 洗面台や机に塗った新素材「グラフェン」がセンサーとして働き、人が頻繁に触れて二次感染の恐れがある箇所をリアルタイムで明示する――。世界を震撼(しんかん)させている新型コロナウイルスの感染防止にも役立つ夢の新技術が、実現に向けて動き出した。

グラフェンを含む塗料を洗面台に塗って、頻繁に接触する箇所を可視化するイメージ。感染症の拡大を防止するのに役立つ(写真:アステリア)
グラフェンを含む塗料を洗面台に塗って、頻繁に接触する箇所を可視化するイメージ。感染症の拡大を防止するのに役立つ(写真:アステリア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトウエアの開発などを得意とするアステリア(東京・品川)は2020年2月14日、オーストラリアのイマジン(Imagine)への出資と、資本業務提携の契約の締結を発表した。出資額は50万ドル(約5000万円)だ。

 グラフェンとは、炭素のみで構成された新素材。炭素原子が正六角形の格子を組む層でできたシート状の素材だ。炭素原子1個分という薄さで伸縮性を持ちながら、鋼鉄の100倍の強度を誇る。そのグラフェンを使って、世界で初めて導電繊維材を開発したのがイマジンだ。

 壁紙やマットなどに使えば、そのままセンサーとして機能する。なお、グラフェンは繊維材以外に塗料に含ませて塗布することも可能だ。

 他方、アステリアはAI(人工知能)を搭載したIoTエッジウエア「Gravio(グラビオ)」の技術を持っている。イマジンの表面センサーで得たデータを、クラウドを介さずに収集・処理して機器制御などにつなげる。

グラフェンのセンサーとGravioの連携のイメージ(資料:アステリア)
グラフェンのセンサーとGravioの連携のイメージ(資料:アステリア)
[画像のクリックで拡大表示]

 2社の業務提携によって開発が加速する新技術は、様々な用途が考えられる。洗面台やドアノブ、机などに塗っておけば、人が頻繁に触れた箇所を記録・可視化できるため、清掃員などにとって消毒・清掃の役に立つ。グラビオの機能によって、しきい値を超えれば掃除のアラートを出すことも可能になる。

 AR(拡張現実)を使えば、触ると感染の恐れのある場所をリアルタイムで伝えられる。記者会見でアステリアの平野洋一郎社長は、「感染症の予防、防止の一助になれば」と話している。

グラフェンを含む塗料。グラフェンは英マンチェスター大学の2人の物理学者が、2004年に作成に成功。その後、両名は10年にノーベル物理学賞を受賞した(写真:アステリア)
グラフェンを含む塗料。グラフェンは英マンチェスター大学の2人の物理学者が、2004年に作成に成功。その後、両名は10年にノーベル物理学賞を受賞した(写真:アステリア)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料