全765文字

 安藤ハザマとエム・ソフト(東京・台東)は、360度撮影可能なカメラを搭載した車両を走行させて、山岳トンネル内の施工状況を遠隔地から確認する「トンネルリモートビュー」を共同で開発した。

「トンネルリモートビュー」の閲覧画面(資料:安藤ハザマ)
「トンネルリモートビュー」の閲覧画面(資料:安藤ハザマ)
[画像のクリックで拡大表示]
閲覧画面では見たい方向を確認できる(資料:安藤ハザマ)
閲覧画面では見たい方向を確認できる(資料:安藤ハザマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 山岳トンネルの施工では、切り羽の掘削やインバート設置、覆工コンクリートの打設など作業内容が日々変化する。トンネルリモートビューを使えば、各工種の位置関係の正確な把握が可能になり、重機や仮設備の配置を適切に管理できるようになる。既に複数の施工現場に導入済みだ。

 開発したシステムは、360度カメラと車両、車速センサー、データの変換と閲覧を行うパソコンで構成される。トンネル内はGNSS(衛星を用いた測位システムの総称)を使えないため、センサーで得た車速から、走行した距離を算出して、位置情報を割り出す。

 走行終了後は、専用ソフトを使って画像に位置情報をひも付ける。専用ソフトの閲覧画面をドラッグすれば、見たい箇所の位置や方向を確認できる。

360度を撮影できるカメラ(左)を搭載した車両を走らせ、トンネル内の状況を全方位で撮影する(資料:安藤ハザマ)
360度を撮影できるカメラ(左)を搭載した車両を走らせ、トンネル内の状況を全方位で撮影する(資料:安藤ハザマ)
[画像のクリックで拡大表示]