全1061文字

 東京大学発スタートアップのARAV(アラブ、東京・文京)は富士建(佐賀市)、ビスペル合同会社(静岡県富士市)と共同で、1000km離れた場所からでも油圧ショベルの操作を可能にする装置「建機Webコントローラー」を開発した。建機に後付けで搭載できる。メーカーや機種を問わない。建機オペレーターのテレワークが現実味を帯びてきた。

遠隔操作によって油圧ショベルで土砂をダンプトラックに積む様子(写真:ARAV)
遠隔操作によって油圧ショベルで土砂をダンプトラックに積む様子(写真:ARAV)
[画像のクリックで拡大表示]

 建機の操縦席に、レバーを遠隔から動かす機構となるアクチュエーターや、映像を処理するエッジコンピューター、通信用のSIM、現場の様子を撮影する4Kカメラなどを取り付ければ準備完了だ。その他必要に応じて、現場を俯瞰(ふかん)的に撮る定点カメラを用意する。

 撮影した映像は電波環境に応じて、エッジコンピューターでVGAやHDの画質などに解像度を落として送信するため、4G/LTEの携帯電話の電波を利用できる。

 ARAVの白久レイエス樹代表は「インターネットを経由して遠隔から操作できる点が特徴の1つ」と説明する。これまでの遠隔操作ではインターネットを介さずに現場と操作室との間を無線で送受信するケースが多く、両者の距離を延ばせなかった。

 実証実験では、富士市に置いた14分の1スケールの建機を、佐賀市からリアルタイムで操作することに成功。操作の遅延は0.1秒を切る程度だという。実機での遠隔操作も実証済みだ。

油圧ショベルのレバータイプだけでなく、ハンドルタイプの操縦かんでも取り付けられる(写真:ARAV)
油圧ショベルのレバータイプだけでなく、ハンドルタイプの操縦かんでも取り付けられる(写真:ARAV)
[画像のクリックで拡大表示]