全1027文字
PR

 建設技術研究所はVR(仮想現実)の制作を得意とするエドガ(東京・江戸川)の協力を得て、橋梁の点検を疑似体験する社内研修用のVRコンテンツを開発した。国土交通省が管理する鋼製の鈑桁(ばんげた)橋を対象に、360度カメラで撮影した画像を見ながら損傷の箇所や度合いを確認できる。

橋梁の桁下での点検を疑似体験している様子(資料:建設技術研究所、エドガ)
橋梁の桁下での点検を疑似体験している様子(資料:建設技術研究所、エドガ)
[画像のクリックで拡大表示]
VRコンテンツに利用したのは実在する橋梁。1径間の単純合成鋼鈑桁形式だ(写真:建設技術研究所)
VRコンテンツに利用したのは実在する橋梁。1径間の単純合成鋼鈑桁形式だ(写真:建設技術研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 VRのヘッドセットには、米Oculus(オキュラス)の「Oculus Quest(オキュラスクエスト)2」を使う。起動すると、現地の橋面の画像が映り、Googleマップのストリートビューのように少しずつ移動しながら点検を疑似体験する仕組みだ。橋上4カ所、橋台横2カ所、桁下24カ所へ移動できる。移動した先で首を振れば、360度のカメラで撮影した画像を見ることができる。

 VRコンテンツでは、10カ所の著しい損傷を見つけられる仕組みになっている。損傷がある箇所の近くに来れば、画面に「損傷2カ所を探してください」という文字が表示される。損傷箇所を見つけてクリックすると、そこの拡大写真と選択クイズが出る。

橋面の点検の画面。橋の断面図が表れ、黄色い二重丸をコントローラーで選ぶと、その場所へ移動する仕組み。赤い丸は現在地を表す(資料:建設技術研究所、エドガ)
橋面の点検の画面。橋の断面図が表れ、黄色い二重丸をコントローラーで選ぶと、その場所へ移動する仕組み。赤い丸は現在地を表す(資料:建設技術研究所、エドガ)
[画像のクリックで拡大表示]

 クイズでは国土交通省の橋梁定期点検要領に基づいて、a、b、c、d、eの最大5段階で損傷程度を答えてもらう。10問が終わると、最後には成績が出てくる。成績に応じて「基礎技術の習得に向けて頑張ってください」といったコメントが表示される。

クイズの選択肢(資料:建設技術研究所、エドガ)
クイズの選択肢(資料:建設技術研究所、エドガ)
[画像のクリックで拡大表示]
クイズ終了後のコメント。点検に要した時間も表示される(資料:建設技術研究所、エドガ)
クイズ終了後のコメント。点検に要した時間も表示される(資料:建設技術研究所、エドガ)
[画像のクリックで拡大表示]