全1027文字

 建設技術研究所はVR(仮想現実)の制作を得意とするエドガ(東京・江戸川)の協力を得て、橋梁の点検を疑似体験する社内研修用のVRコンテンツを開発した。国土交通省が管理する鋼製の鈑桁(ばんげた)橋を対象に360度カメラで撮影した画像を見ながら、損傷の箇所や度合いを確認できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い