全1233文字
PR

 ITサービスを提供するオプティムは松尾建設(佐賀市)と共同で、スマートフォンやタブレットを測量したい対象物にかざすだけで高精度な3次元データを作成するアプリ「OPTiM Geo Scan」(オプティム・ジオ・スキャン)を開発した。ドローンやレーザースキャナーによる3次元測量を外注した場合と比べて、費用を80%以上削減できる。

スキャンした対象物をタブレットやスマートフォンで確認できる(資料:オプティム)
スキャンした対象物をタブレットやスマートフォンで確認できる(資料:オプティム)
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリを使うには、3次元センサーのLiDAR(ライダー)を搭載したタブレット端末「iPad Pro」の20年モデルか、スマホの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」が必要だ。その他、測量したい位置情報を取得するためGNSS(衛星測位システムの総称)レシーバーを使う。

 測量する人に専門的な知識は必要ない。スマホやタブレットを対象物にかざしながら、周囲を歩いてライダーでスキャンするだけでよい。スキャンする際には小型のレシーバーを持ち運ぶ。レシーバーを任意の場所に設置してスマホなどで捉えると、正確な座標を取得できる。測量の計測誤差を50mm以下に抑えられる。

スマートフォンなどを測量したい対象物にかざしながらスキャンする(資料:オプティム)
スマートフォンなどを測量したい対象物にかざしながらスキャンする(資料:オプティム)
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリの利用を想定するのは、ドローンやレーザースキャナーの測量の主戦場ではない小規模な現場だ。

 オプティムビジネス統括本部の坂田泰章ゼネラル・マネージャーは次のように話す。「施工面積1000m2以内の小さな現場が、全国の建設現場の大半を占める。大規模な現場でICT化が進む一方、小規模な現場はドローンやレーザースキャナーの導入が遅れている。操作のスキルが必要で導入費用も高く、負担が大きいからだ」