全1288文字
PR

 フジタとセンシンロボティクス(東京・渋谷)は、全自動で飛行・離着陸するドローンを使って建設現場の日々の出来高測量と安全巡視を無人化するシステムを共同で開発した。ドローンの操縦者や目視確認を担う補助者の2人が不要になる。

全自動ドローンシステムの概要。先行して導入した現場では、1日2回の安全巡視と1日1回の空中写真測量を無人化した。ドローンは現場内に設置した基地から自動で離着陸する(資料:フジタ)
全自動ドローンシステムの概要。先行して導入した現場では、1日2回の安全巡視と1日1回の空中写真測量を無人化した。ドローンは現場内に設置した基地から自動で離着陸する(資料:フジタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発したシステムでは、開閉式のハッチを持つ箱形のドローン基地「SENSYN Drone Hub(センシン・ドローン・ハブ)」を建設現場向けに改良した。毎日、決められた時間になると自動でハッチが開いてドローンが飛び立つ。規定のルートで現場上空を巡回して、地上を撮影したデータをLTE通信でクラウドに送信し、出来高測量や安全巡視に用いる。現場を一巡りした後は、基地に戻って充電する。

全自動ドローンシステムの機材構成。ドローンは防水仕様で、多少の降雨でも飛行できる。ドローンの足が基地に接すると自動で充電する仕組みだ。気象計と連動し、風速や雨量がしきい値を超えた場合は飛行を中止する。離着陸の際は警報器が鳴り、周囲に知らせる。もともとプラントや工場向けに開発された機材を建設現場向けに最適化した(資料:フジタ)
全自動ドローンシステムの機材構成。ドローンは防水仕様で、多少の降雨でも飛行できる。ドローンの足が基地に接すると自動で充電する仕組みだ。気象計と連動し、風速や雨量がしきい値を超えた場合は飛行を中止する。離着陸の際は警報器が鳴り、周囲に知らせる。もともとプラントや工場向けに開発された機材を建設現場向けに最適化した(資料:フジタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 有人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル4)は現時点で、認められていない。そこでフジタなどは、ドローンの巡回を作業員に周知して現場を無人地帯として扱い、目視外飛行を可能にした。フジタによると、建設現場での目視外・補助者なし飛行(レベル3)は初めてだ。

 測量には、フジタと山口大学が共同で開発した「斜め往復撮影」を用いる。通常の空中写真測量ではドローンの鉛直下方にカメラを向ける。一方、斜め往復撮影の手法では、進行方向に10~30度ほど傾けて計測精度を高める。RTK(リアルタイムキネマティック)測位と組み合わせて、「標定点」と呼ぶ地上の目印の設置を省略できる。作業時間は、従来の一般的なドローン測量に比べて4分の1ほどだ。

 測量データをクラウドに送信した後の処理は現状、手動で操作する必要がある。専用のソフトウエアで3次元の点群データやオルソ画像を作製し、土量などを計算する。フジタはドローンによる測量を日常的な出来高管理に使う「デイリードローン」を現場で既に適用しており、そこでのデータ処理技術を利用すれば、一般的な手法より短い時間で解析結果を出力できる。