全1506文字
PR

 大林組とNEC、大裕(大阪府寝屋川市)は、共同で開発した油圧ショベルの自律運転システムをトンネル工事の土砂の積み込みに適用する実証実験を実施した。関東地方の現場で異なるメーカーの2台の油圧ショベルを使い、土砂置き場からの土砂の掘削やダンプトラックへの積み込みを自律化した。

大林組の関東地方のトンネル工事現場で2台の油圧ショベルによる土砂の掘削とダンプトラックへの積み込みを自律化した(写真:NEC)
大林組の関東地方のトンネル工事現場で2台の油圧ショベルによる土砂の掘削とダンプトラックへの積み込みを自律化した(写真:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 油圧ショベルの自律運転は、ダンプトラックの横に配置した山留め鋼材の柱に取り付けたボタンを押すと開始する。ダンプトラックの荷台に一定量の土砂を積み込むと自動で止まる仕組みだ。油圧ショベルのオペレーターはこの間、遠隔地のモニターで2台の動きを同時に監視する。人の手による作業は発生しなかった。

自律運転中のシステム管理画面(写真:大林組)
自律運転中のシステム管理画面(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証実験で導入したのは、3社が2019年に開発したシステムだ。油圧ショベルの位置や姿勢を認識するセンサーを車体や作業場所に多数配置。各センサーが収集するデータを基に、運転席の操作レバーに装着する遠隔操縦装置を通信ネットワーク経由で制御する。

 大林組のノウハウを基に作成した油圧ショベルの動作計画の他、レバー操作とアームの動きが作業内容で異なる動特性などに対応するためにNECが開発した適応予測制御技術を使って、作業を高精度で行えるよう制御する。さらに、熟練オペレーターの操縦情報を収集し、AI(人工知能)を使ってその動作を再現する。

 遠隔操縦装置は、大林組と大裕が16年に共同開発した「サロゲート」を採用。運転席の操作レバーの取り付けに必要な作業は、ボルト締めと配線ケーブルの接続だけ。取り付け金具を変えれば、様々なメーカーや機種に対応できる。