全1049文字
PR

 日本工営と日本システムウエア(NSW)は、コンクリート構造物の画像や映像から幅0.2mm以下の微小なひび割れを瞬時に判別し、パソコンの画面上に色分けして表示する点検支援システム「VIS&TFC(ビス・アンド・ティーエフシー)」を共同で開発した。ひび割れの目視判定を容易にし、点検作業を効率化する。

 凸版印刷グループの商社、トッパン・コスモ(東京・千代田)を通じて、2021年10月1日に販売を始めた。

パソコン画面のイメージ。左が点検現場でコンクリートの表面を撮影した元の画像で、右がVIS(錯視誘発画像特徴強調システム)の処理でひび割れを強調表示した画像(写真:日本工営、日本システムウエア)
パソコン画面のイメージ。左が点検現場でコンクリートの表面を撮影した元の画像で、右がVIS(錯視誘発画像特徴強調システム)の処理でひび割れを強調表示した画像(写真:日本工営、日本システムウエア)
[画像のクリックで拡大表示]

 VIS&TFC の基となるVIS(錯視誘発画像特徴強調システム)とTFC(対象画像特徴&非対象画像特徴領域内分類アルゴリズム)は、もともと東京理科大学土木工学科の小島尚人教授の研究室(小島研究室)が開発したものだ。

 小島研のVISとTFCの開発に関わりのあった日本工営が、パソコン用のアプリケーションの作成に強みを持つNSWと手を組んでシステムの開発に取り組んだ。

 VISは、デジタルカメラで撮影した写真に、8方向から影を付ける画像処理などを施すことで目の錯覚を誘発し、ひび割れなど変化のある箇所が立体的に見えるようにする。

 VISで強調したひび割れを可視化する技術がTFCだ。カメラで撮った写真には、光の反射強度の情報が含まれる。ひび割れの場合、深い箇所ほど光の反射強度は小さくなる。TFCはこの反射強度に基づいて、ひび割れの深さを判別。深さに応じて色分け表示する。

ひび割れを抽出して、TFC(対象画像特徴&非対象画像特徴領域内分類アルゴリズム)の処理で深さに応じて色分け表示した画像。色が濃いほどひび割れが深い(写真:日本工営、日本システムウエア)
ひび割れを抽出して、TFC(対象画像特徴&非対象画像特徴領域内分類アルゴリズム)の処理で深さに応じて色分け表示した画像。色が濃いほどひび割れが深い(写真:日本工営、日本システムウエア)
[画像のクリックで拡大表示]