PR

最初に話が持ち上がってから20年

 都と連携しながら駅前広場を整備したJR東日本の総合企画本部品川・大規模開発部の有川貞久次長は、「駅前広場は、最初に話が持ち上がってから20年ほどの歳月をかけて整備された」振り返る。

 都とJR東日本との間で、東京駅の復元と周辺環境(丸の内駅前広場と行幸通りなど)の整備を協力して進めることを合意したのが1999年のこと。さらに2001年には、日本都市計画学会の「東京駅周辺の再生整備に関する研究委員会」(委員長:伊藤滋・早稲田大学教授)が報告書を作成。東京駅周辺の整備方針として、駅前広場と行幸通りをトータルデザインすることを訴えている。

 こうした動きを受けて都は03~04年に、東京駅丸の内駅舎から行幸通りにかけての統一的な景観の在り方について検討する「東京駅丸の内口周辺トータルデザイン検討会」(座長:篠原修・東京大学名誉教授)を開催。風格ある首都東京の「顔」を創出することをデザインコンセプトとし、具体的な方針として「格調高い空間を創出する」、「東京駅丸の内駅舎を際立たせる」、「歴史性を尊重する」、「利用者の視点から空間をデザインする」ことの4つを掲げた。

 これらを実現するために、駅前広場や行幸通りのほか、周辺建物についてのデザインガイドラインを作成。例えば、「植栽は、行幸通りから丸の内駅舎正面への視界を確保する」、「舗装は、駅前広場と行幸通りの中央部分は空間としての一体感を高めるため同様の舗装とする」、「周辺建物は、広場や街路の囲われ感を創出し、風格ある広場・街路景観を形成するため、建物の低層部の壁面の連続性を確保する」といったことを盛り込んだ。

東京駅丸の内駅前広場から行幸通りを望む。東京駅と皇居を結ぶ一体的な景観軸を創出した(写真:安川 千秋)
東京駅丸の内駅前広場から行幸通りを望む。東京駅と皇居を結ぶ一体的な景観軸を創出した(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]