PR
(撮影:大上祐史)
(撮影:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年3月10日午後4時、首都高速10号晴海線の延伸部分となる晴海─豊洲の約1.2kmが開通した。同日の午前、晴海出入口付近では開通式典が催された。

 晴海線が通るエリアには高層のオフィスビルやマンションが多く立ち並び、今も建設ラッシュが続く。加えて今年10月には豊洲市場の開場、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催が控えているため、増加する交通量の対応が急務となっていた。晴海線は、その対応への1つの回答だ。

 2009年2月に開通した豊洲─東雲ジャンクション(JCT)の約1.5kmと合わせて、晴海線は延長約2.7kmになる。

(出所:首都高速道路)
(出所:首都高速道路)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の開通により、銀座方面と湾岸線のアクセスがより向上し、9号深川線や11号台場線のバイパス的役割が期待されている。工事費は約300億円。2月7日には今回の開通箇所において事前公開があった。
(関連記事:春開通を待つ、首都高晴海線からの絶景

 開通式典は、晴海出入口付近の晴海4丁目特設会場で開かれた。

(撮影:大上祐史)
(撮影:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 2月18日の晴海線スカイウォークで一般から寄せられたメッセージが掲示されている。
(関連記事:晴海─豊洲を“空中散歩” 眼下にゆりかもめ)

(撮影:大上祐史)
(撮影:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]