コラボオフィスの主要顧客であるスタートアップは、短期間に一定数のエンジニアを集めて集中的に業務を推進したり、必要に応じて遠隔地の専門人材を採用することも多い。日本に進出して話題の米WeWorkはこうした需要に対応し、コラボオフィスの居住版「WeLive(ウィーリブ)」の開発に本国で着手している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い