全1312文字
PR

 バルコニー付きの大開口いっぱいに「国立競技場」を望む――。

 2019年11月22日に開業した「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜(もり)プレミア」は、大改造が進む「東京の今」を満喫できる新拠点だ。20年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場と道路を1本挟んで北側に立つ。

 ホテルから国立競技場を見ると、今にも大歓声が聞こえて来そうなほど近く感じる。見どころを写真で紹介する。

関連記事
“五輪の地”の眺望を独占/ホテル激戦時代「個性化」で攻める。

南面の客室。天井高は2.6メートル(写真:日経アーキテクチュア)
南面の客室。天井高は2.6メートル(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は鉄骨造・鉄筋コンクリート造の地上13階建てで、延べ面積は約1万5900m2、最高高さは約48m。客室数は362室ある。三井不動産が明治神宮の所有する土地を賃借し、建物を所有・開発。基本設計・デザイン監修を日建設計が、基本・実施設計、施工を清水建設がそれぞれ手掛けた。運営は三井不動産ホテルマネジメントが担う。

 特に人気を集めそうなのが、南面上階の客室。国立競技場全体を視野に収める“建築観覧”の特等席だ。周囲には、国立競技場の他、最寄り駅の1つであるJR千駄ケ谷駅との間には、同じく20年東京大会の競技会場となる東京体育館がある。

 さらに、歴史的・文化的に貴重な絵画を展示する聖徳記念絵画館やイチョウ並木、新宿御苑とも近接する。この眺望がホテル最大の売りで、客室を建物の全方位に配置している。それぞれの方角にある東京の風景を、高層ビルなどに遮られずに見渡せる。

南の客室(写真)では国立競技場や聖徳記念絵画館のある神宮外苑、東では皇居の緑、西では明治神宮、北では新宿御苑と全方位に都心の緑を望める立地にある(写真:日経アーキテクチュア)
南の客室(写真)では国立競技場や聖徳記念絵画館のある神宮外苑、東では皇居の緑、西では明治神宮、北では新宿御苑と全方位に都心の緑を望める立地にある(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
南西隅部の客室では、東京体育館側に眺望が開ける(写真:日経アーキテクチュア)
南西隅部の客室では、東京体育館側に眺望が開ける(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
専用のプライベートテラス付きスイートルーム。室内に柱型や梁型の出ない構造形式を採用し、開口部方向の視野を遮る要素を減らしている(写真:日経アーキテクチュア)
専用のプライベートテラス付きスイートルーム。室内に柱型や梁型の出ない構造形式を採用し、開口部方向の視野を遮る要素を減らしている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
バルコニーと大開口部の取り合い部分を見る(写真:日経アーキテクチュア)
バルコニーと大開口部の取り合い部分を見る(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
夜、国立競技場越しに渋谷方面を見る(写真:日経アーキテクチュア)
夜、国立競技場越しに渋谷方面を見る(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]