全1112文字
PR

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場として東京都が建設を進めてきた「有明アリーナ」が、19年12月9日に竣工した。新設する“3大アリーナ”のうち、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が事業主体の「有明体操競技場」では既に、テスト大会を兼ねたこけら落としのトランポリン世界選手権を12月1日に終えた。あと1つ、水泳会場となる「東京アクアティクスセンター」の完成を残すのみとなった。

東京都が整備し、2019年12月9日に竣工した「有明アリーナ」。凹面状に反った屋根形状が特徴だ。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
東京都が整備し、2019年12月9日に竣工した「有明アリーナ」。凹面状に反った屋根形状が特徴だ。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 有明アリーナは、2020年東京五輪ではバレーボール、パラリンピックでは車いすバスケットボールの会場となる。

 建物は、鉄筋コンクリート(RC)造、一部鉄骨(S)造・鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の地上5階建てで、延べ面積は約4万7200m2。大会時の席数は仮設を含めて約1万5000席だ。基本設計を久米設計が手掛け、実施設計と施工は竹中工務店・東光電気工事・朝日工業社・高砂熱学工業JVが担当した。整備費は約370億円。

2019年11月21日に撮影した有明アリーナの外観。南東側から見る。写真左手がサブアリーナで右手がメインアリーナだ。メインアリーナの屋根工事は、サブアリーナの躯体(くたい)上に構築した仮設構台で屋根架構を組み上げてスライドさせる「トラベリング工法」を採用。サブアリーナの壁面は約600m2にわたって緑化した。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
2019年11月21日に撮影した有明アリーナの外観。南東側から見る。写真左手がサブアリーナで右手がメインアリーナだ。メインアリーナの屋根工事は、サブアリーナの躯体(くたい)上に構築した仮設構台で屋根架構を組み上げてスライドさせる「トラベリング工法」を採用。サブアリーナの壁面は約600m2にわたって緑化した。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
建物東側の屋外デッキ。傾斜した外壁で内部空間を覆うことで、限られた敷地の中で席数を確保しながら、屋外には“たまり空間”を生み出した。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
建物東側の屋外デッキ。傾斜した外壁で内部空間を覆うことで、限られた敷地の中で席数を確保しながら、屋外には“たまり空間”を生み出した。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
東側の内部コンコース。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
東側の内部コンコース。撮影は19年11月21日(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料