PR
全2652文字

 東京・渋谷駅前にまた1つ、新しい複合施設が誕生した。2019年11月に開業した超高層ビル「渋谷フクラス」内の商業施設「東急プラザ渋谷」が、12月5日にオープンした。渋谷フクラスのオフィスフロアには、GMOインターネットが第2本社を構える。現在、移転作業を順次進めているところだ。

 GMOは16階に、エンジニアやクリエーターが集える場「シナジーカフェ GMO Yours・フクラス」を開設し、ここは東急プラザ渋谷の開業と同時に利用を開始した。従業員だけでなく社外の人でも参加できるIT関連のイベントやセミナーなどをここで頻繁に開催し、外部のエンジニアにも開かれた場所にする考えだ(自由に立ち入れるわけではない)。

渋谷フクラスのオフィスフロアに入居する、GMOインターネットが設けたエンジニアのコミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours・フクラス」(写真:日経アーキテクチュア)
渋谷フクラスのオフィスフロアに入居する、GMOインターネットが設けたエンジニアのコミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours・フクラス」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 充実したカフェ施設を従業員に提供するのは、人材の確保やつなぎ留めという目的があるのは確かだろう。周りにIT企業がひしめく中、GMOインターネットグループで働くメリットの1つにGMO Yoursがあると言ってもいい。

 GMOインターネットグループは今や112社で構成され、従業員はグローバルで約6000人と、巨大組織に成長した。事業の大半は今もインターネット関連であり、エンジニアが会社を支えている。

 GMOインターネット取締役 グループコミュニケーション部の福井敦子部長は「従業員に占めるエンジニア比率を現在の46%から50%に引き上げたい」と語る。そのためにもGMO Yours・フクラスでは、外部に開いたイベントを積極的に開催していく計画だ。

GMOインターネットグループについて紹介する、グループコミュニケーション部部長の福井敦子氏。従業員のエンジニア比率を5割まで高めたいとしている(写真:日経アーキテクチュア)
GMOインターネットグループについて紹介する、グループコミュニケーション部部長の福井敦子氏。従業員のエンジニア比率を5割まで高めたいとしている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 GMO Yours・フクラスは東急プラザ渋谷と同時にオープンしたため、12月3日には報道陣向けの内覧会が一緒に開かれた。ここからは写真を中心に、GMO Yours・フクラスを見ていこう。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い