全1781文字
PR

 国立代々木競技場の第一体育館が改修工事を終え、2019年11月1日に営業を再開した。1964年開催の東京五輪のシンボルは、“原形”を保ったまま耐震性やバリアフリー対応を強化し、20年夏に2度目の五輪を迎える。耐震改修の全容を2回に分けて紹介する。

国立代々木競技場第一体育館の現況を南東から見る。同競技場は、これまでにも補修や改修を繰り返してきた。近年では2006年から07年にかけて天井裏のアスベスト除去工事、10年から11年にかけて大屋根の塗装工事などを実施。19年9月30日に完了した第一体育館の耐震改修工事は、創建以来、初となる(写真:日本スポーツ振興センター)
国立代々木競技場第一体育館の現況を南東から見る。同競技場は、これまでにも補修や改修を繰り返してきた。近年では2006年から07年にかけて天井裏のアスベスト除去工事、10年から11年にかけて大屋根の塗装工事などを実施。19年9月30日に完了した第一体育館の耐震改修工事は、創建以来、初となる(写真:日本スポーツ振興センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 無柱の大空間と「日本」をモチーフとするダイナミックな意匠を吊(つ)り屋根構造で一体的に解く――。丹下健三が設計した国立代々木競技場第一体育館は、1964年東京五輪の水泳会場として建設され、以降は「体育館」としての競技利用やコンサート開催など多目的施設として親しまれている。

代々木競技場は1964年開催の東京五輪に向けて建設された(写真:日本スポーツ振興センター)
代々木競技場は1964年開催の東京五輪に向けて建設された(写真:日本スポーツ振興センター)
[画像のクリックで拡大表示]
創建当時の施工中の様子(写真:日本スポーツ振興センター)
創建当時の施工中の様子(写真:日本スポーツ振興センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 20年東京五輪ではハンドボール、パラリンピックでは車いすラグビーとバドミントンの会場となる。

 第一体育館の耐震改修に当たっては、入念な調査・検討を要した。07年には屋根を吊るメインケーブルに問題がないことを確認。10~12年度にかけて耐震診断を実施し、耐震改修が必要なことが分かった。14年には、川口衞構造設計事務所が耐震改修工事の基本計画をまとめた。

 耐震安全性の目標は、「大地震後、構造体の大きな補修をすることなく建物が使用できること」。改修設計は丹下都市建築設計・久米設計JVが、施工は清水建設が担当した。

 耐震改修は、屋根を支える柱や鉄骨梁(はり)などの補強のほか、天井の落下防止対策を含む。建築確認申請が必要となる大規模な修繕などには当たらないが、耐震安全性を時刻歴応答解析とGIs値(構造耐震指標)によって判定した。建築基準法が求める水準の1.25倍を目標とし、最小0.39だったGIs値は、1.0以上を確保。建築保全センターによる評定書も取得した。

代々木競技場第一体育館の断面図(資料:日本スポーツ振興センター)
代々木競技場第一体育館の断面図(資料:日本スポーツ振興センター)
[画像のクリックで拡大表示]
耐震改修後の代々木競技場第一体育館の外観(写真:大山 顕)
耐震改修後の代々木競技場第一体育館の外観(写真:大山 顕)
[画像のクリックで拡大表示]