全1536文字
PR

水平力を負担するCLTパネル

 「CLTの新しい魅力」を示すための手法の1つが、パビリオン棟の構造システムだ。2.3m間隔で並ぶ鉄骨柱に平行四辺形のCLTパネルをあみだ状に架け渡した混構造で、鉛直荷重を鉄骨柱が、水平力をCLTパネルがそれぞれ負担する。

パビリオン棟の外観。建物高さは約18m。2.3m間隔で並ぶ鉄骨柱に厚さ約210mmのCLTパネルをあみだ状に架け渡した。折り紙を連想させる日本らしいデザインを意識している(写真:日経アーキテクチュア)
パビリオン棟の外観。建物高さは約18m。2.3m間隔で並ぶ鉄骨柱に厚さ約210mmのCLTパネルをあみだ状に架け渡した。折り紙を連想させる日本らしいデザインを意識している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱地所設計構造設計部の堀田祐介チーフエンジニアは、「CLTパネルは壁材として使用されることが多いが、パビリオン棟ではラーメンフレームの梁に当たる部分にCLTを用いるという、新たな構法に挑戦した」と説明する。

パビリオン棟の天井部を見上げる。屋根材には、岡山県真庭市への移築を見越し、積雪荷重などを考慮した強化合わせガラスを使用した(写真:日経アーキテクチュア)
パビリオン棟の天井部を見上げる。屋根材には、岡山県真庭市への移築を見越し、積雪荷重などを考慮した強化合わせガラスを使用した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオン棟の立面図(資料:三菱地所設計)
パビリオン棟の立面図(資料:三菱地所設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 移築を見越し、CLTパネルと鉄骨柱の接合部も工夫している。CLTパネルの両側の小口に接合金物を差し込んで1つのユニットとした点が特徴だ。工場生産の同ユニットは、現場で組み立てる際、鉄骨柱と金物を高力ボルトで接合するだけで済む。解体や再築も容易だ。

 ユニットの仕様決定に際しては、実寸大の試験体で水平加力試験などを実施して性能を確認している。

CLTパネルの接合部のイメージ(資料:三菱地所)
CLTパネルの接合部のイメージ(資料:三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオン棟を北側から見る。CLTパネルのユニットは移築を前提に組み立てと解体、再築のしやすさを考慮して設計した。CLTパネルは45分の燃えしろ設計で、鉄骨柱には耐火塗料を塗布した(写真:日経アーキテクチュア)
パビリオン棟を北側から見る。CLTパネルのユニットは移築を前提に組み立てと解体、再築のしやすさを考慮して設計した。CLTパネルは45分の燃えしろ設計で、鉄骨柱には耐火塗料を塗布した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオン棟(左)と屋内展示棟A棟(右)の間の通路(写真:日経アーキテクチュア)
パビリオン棟(左)と屋内展示棟A棟(右)の間の通路(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]