全1907文字
PR

 森ビルは2020年1月21日、「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(虎ノ門1丁目地区再開発、東京都港区)の内部をメディアに公開した。1月15日に竣工し、4月に開業予定。総貸室面積約9万6000m2に及ぶ大規模オフィスは満室で、入居後は約1万人のオフィスワーカーが利用する見込みだ。地下鉄新駅に直結し、1階にはバスターミナルを持つなど、東京都心部、臨海部、空港を結ぶ交通結節点としての役割を担う。

 森ビルの辻慎吾社長は、「ビジネスタワーの誕生で、虎ノ門エリアを中心に都心部の人の流れ、情報の流れが変わり、東京の磁力はさらに強化される」と語った。

2020年1月に竣工した「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の西側外観。奥に立つのが、14年に開業した「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と、建設中の「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(写真:日経アーキテクチュア)
2020年1月に竣工した「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の西側外観。奥に立つのが、14年に開業した「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と、建設中の「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は地下3階・地上36階建てで、延べ面積約17万2925m2、高さ約185m。構造は鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造だ。施行者は虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合。設計は森ビルが担当し、外装デザインはドイツの設計事務所インゲンホーフェン・アーキテクツ、内装デザインはワンダーウォール(東京都渋谷区)などが手掛けた。インゲンホーフェン・アーキテクツにとって、東京で初のプロジェクトとなる。施工は大林組、きんでん、三機工業、斎久工業が担当した。

2階外部テラスに設けた歩行者通路。森タワーに接続している(写真:日経アーキテクチュア)
2階外部テラスに設けた歩行者通路。森タワーに接続している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
ビジネスタワー北側外観を見上げる。裾広がりのような庇のデザインを強調して、ランドマークとしての視認性を高めた。日射を遮る効果も狙う(写真:日経アーキテクチュア)
ビジネスタワー北側外観を見上げる。裾広がりのような庇のデザインを強調して、ランドマークとしての視認性を高めた。日射を遮る効果も狙う(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 地下1階~地上3階に店舗、地上4階に会員制インキュベーションセンター「ARCH(アーチ)」、地上5~36階にオフィスを配置した。基準階の貸室面積は約3000m2で、約20mの奥行きを持つ執務スペースが広がる。ARCHの広さは約3800m2とし、会議室やコワークスペースなどを設置。企画・運営には、大企業の新規事業創出の支援などを手掛ける「WiL(ウィル)」(東京都港区)が参画している。

地上32階のオフィス内観(写真:日経アーキテクチュア)
地上32階のオフィス内観(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
4階に設けたインキュベーションセンター「ARCH(アーチ)」の内観イメージ(資料:森ビル)
4階に設けたインキュベーションセンター「ARCH(アーチ)」の内観イメージ(資料:森ビル)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料