全3023文字
PR
(写真:大上 祐史)
(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 東名高速の横浜青葉ジャンクション(JCT)と第三京浜の横浜港北JCTをつなぐ「横浜北西線」が2020年3月22日午後4時に開通する。横浜港北JCTから先は、17年に開通した首都高横浜北線に直結。横浜市北西部と横浜都心、湾岸エリアのアクセスが向上する。

 首都高速道路会社によると、東名高速から横浜港まで、横浜北西線と横浜北線を経由すればわずか20分ほどで着けるようになるという。従来は保土ケ谷バイパスを経由して40~60分ほどかかっていた。

(資料:首都高速道路会社)
(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜北西線は、横浜市と首都高速道路会社が事業主体となって整備した自動車専用道路だ。完成後は首都高のネットワークの一部として運用する。

 延長7.1kmのうち4.1kmがトンネル区間。横浜青葉JCTで東名高速の上を海抜+40mの高架でまたいだ後、約1.5km先にある鶴見川の下を海抜-10mのトンネルでくぐるなど、高低差が大きい路線となっている。道路構造は往復4車線で、設計速度は時速60kmだ。

(資料:首都高速道路会社)
(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 都市計画が事業認可された12年7月時点で、横浜市などは開通時期を22年4月ごろと見込んでいた。実際の開通は、当初の目標を2年も前倒しできたことになる。

 横浜市などは03年の構想段階から、ルートや道路構造などの案を市民に公開し、集まった意見を踏まえながら計画を固めていった。こうしたパブリックインボルブメント(PI)手法が奏功し、用地買収などがスムーズに進んだ。

 開通が目前に迫った20年1月下旬、横浜北西線が報道陣向けに公開された。現地の様子を写真とともに紹介する。