全1371文字
PR

 森トラストは2020年3月16日、東京都港区で開発している超高層ビル「神谷町トラストタワー」が竣工を迎えたと発表した。高さが約180mある同タワーは、国際ビジネス拠点を狙った街区「東京ワールドゲート」の中核を成す複合施設になる。

 東京ワールドゲートの敷地面積は1万6210m2、延ベ面積は19万5191m2。基本設計・実施設計監修は安井建築設計事務所、実施設計は清水建設、基本設計・実施設計は建築設備設計研究所。施工は清水建設だ。

東京都港区で2020年3月16日に竣工した大型複合施設「神谷町トラストタワー」の外観。写真左奥に「The Okura Tokyo(オークラ東京)」、右奥に「虎ノ門ヒルズ」が見える(写真:森トラスト)
東京都港区で2020年3月16日に竣工した大型複合施設「神谷町トラストタワー」の外観。写真左奥に「The Okura Tokyo(オークラ東京)」、右奥に「虎ノ門ヒルズ」が見える(写真:森トラスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 竣工に伴い、森トラストは約5000m2ある緑地空間を含めた外構部分を一般に開放した。東京ワールドゲートの東側に接し、桜田通りから北西に延びる新設区道と、東京メトロ日比谷線の神谷町駅への連絡通路も開通した。

約5000m2ある緑地空間にできた遊歩道。右側が水辺テラス(写真:日経アーキテクチュア)
約5000m2ある緑地空間にできた遊歩道。右側が水辺テラス(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
新設区道を北西の丘の上にあるオークラ東京側から見た様子(写真:森トラスト)
新設区道を北西の丘の上にあるオークラ東京側から見た様子(写真:森トラスト)
[画像のクリックで拡大表示]
神谷町駅とつながる地下鉄の連絡通路(写真:森トラスト)
神谷町駅とつながる地下鉄の連絡通路(写真:森トラスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ワールドゲートは、国際ビジネス拠点としての整備が進む虎ノ門・神谷町エリアで、世界と日本のゲート機能を担うことを目指したプロジェクトだ。15年に国家戦略特区「国家戦略都市計画建築物等整備事業」および「国家戦略民間都市再生事業」に認定された。神谷町トラストタワーは、入居者が自由にレイアウトを変えられるオフィス空間、日本初進出のホテル「EDITION(エディション)」、にぎわいを生む約5000m2の緑地空間、高水準のBCP(事業継続計画)の4本柱をコンセプトに掲げている。

東側から神谷町トラストタワーを見上げた様子(写真:日経アーキテクチュア)
東側から神谷町トラストタワーを見上げた様子(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
オフィスレイアウトのイメージ(資料:森トラスト)
オフィスレイアウトのイメージ(資料:森トラスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 同タワーは地下3階・地上38階建て。地上3~30階にオフィス、地上31~36階にホテルとサービスアパートメント、地上37~38階に住宅を配置。地上2階には外国人に対応できる医療施設が入る。

神谷町トラストタワーの構成。地上1~2階には医療施設や店舗、レストラン、地下には連絡通路や駐車場がある(資料:森トラスト)
神谷町トラストタワーの構成。地上1~2階には医療施設や店舗、レストラン、地下には連絡通路や駐車場がある(資料:森トラスト)
[画像のクリックで拡大表示]