全2893文字
PR

 東京臨海副都心の整備に関しては、1995年に世界都市博の中止を決定した後、様々な巻き返し策が図られてきた。近年目立つのは、都心との結節点である豊洲や、東京五輪の招致を機に会場施設が立ち並んだ有明北地区の動きだ。核となる巨大複合開発「豊洲ベイサイドクロス」「有明ガーデン」などを2020年7月時点の写真でリポートする。

関連記事
羽田・竹芝など、東京ベイエリアの風景変える大規模建築群が順次供用開始

 東京湾岸のうち東京都が特に目を向けてきたのが、都心と臨海副都心を結ぶ軸線上にある晴海、豊洲、有明といったエリアだ。2018年に「東京ベイエリアビジョン」の策定に着手した際には、市場跡地のある陸側の築地、海側の台場や青海と合わせ、エリアの特性に従った成長モデルを描き出そうと試みている。

 海側から望むと、やはり存在感を放つのは5632戸の分譲・賃貸集合住宅と商業施設、計24棟を建設する中央区晴海の「HARUIMI FLAG」(晴海フラッグ)だ。東京五輪延期に伴い、竣工前に大会選手村として使う計画に影響が生じた。20年6月には、契約者の入居開始が当初予定の23年3月から延期されることが明らかになった。

海側からHARUMI FLAG方向(写真中央)を見る。三方が海に面する約13haの土地に人口約1万2000人の街をつくる計画を掲げる。以下、特記以外は20年7月撮影(写真:日経クロステック)
海側からHARUMI FLAG方向(写真中央)を見る。三方が海に面する約13haの土地に人口約1万2000人の街をつくる計画を掲げる。以下、特記以外は20年7月撮影(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
晴海・豊洲・有明のエリアマップ。「東京大改造マップ2020-20XX」掲載、調査:2019年11月時点(地図製作:ユニオンマップ、資料:日経アーキテクチュア)
晴海・豊洲・有明のエリアマップ。「東京大改造マップ2020-20XX」掲載、調査:2019年11月時点(地図製作:ユニオンマップ、資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
豊洲大橋からHARUMI FLAGを見る。現在、竣工予定時期および入居予定時期は「未定」と告知されている。20年2月撮影(写真:日経クロステック)
豊洲大橋からHARUMI FLAGを見る。現在、竣工予定時期および入居予定時期は「未定」と告知されている。20年2月撮影(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
HARUMI FLAGを北側から見る。共用部に明かりの灯っている棟もある(写真:日経クロステック)
HARUMI FLAGを北側から見る。共用部に明かりの灯っている棟もある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
HARUMI FLAGの隣接地には、選手村ビレッジプラザが完成し、20年1月に報道陣に公開されている。東京五輪の開催時に選手団の交流拠点とする目的で建設された。現在は塀に閉ざされている。設計は日建設計、施工は熊谷組・住友林業JV。20年1月撮影(写真:日経クロステック)
HARUMI FLAGの隣接地には、選手村ビレッジプラザが完成し、20年1月に報道陣に公開されている。東京五輪の開催時に選手団の交流拠点とする目的で建設された。現在は塀に閉ざされている。設計は日建設計、施工は熊谷組・住友林業JV。20年1月撮影(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同様に影響を受けざるを得なかったのが、海から首都にアプローチする際の新たな顔として都が江東区青海の沖合に建設した「東京国際クルーズターミナル」だ。6月12日には、開業期日を当初予定の7月14日から延期すると発表。「9月を目途とし、新型コロナウイルスの収束状況を見て判断」としている。

東京国際クルーズターミナルを陸側から見る。海上に土木構造物の人工地盤を建造し、その上にターミナルを建設している。設計は安井建築設計事務所、施工は五洋建設・東亜建設工業JV(写真:日経クロステック)
東京国際クルーズターミナルを陸側から見る。海上に土木構造物の人工地盤を建造し、その上にターミナルを建設している。設計は安井建築設計事務所、施工は五洋建設・東亜建設工業JV(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 以下に、規模の巨大さもあって開発時から注目されていた「豊洲ベイサイドクロス」および接続する「ららぽーと豊洲」(リニューアル)、「有明ガーデン」などの現在の様子を報告する。

 豊洲ベイサイドクロス 

海辺の公園や大規模商業施設と連結、ホテル開業も8月に決定

 臨海副都心の玄関口に当たる豊洲駅前の街区に、三井不動産が、オフィス、36店舗の商業施設、225室のホテル、エネルギーセンターなどから成る大規模複合施設を整備。地上36階のタワーの低層部は豊洲駅に直結し、さらに豊洲公園、隣接する「ららぽーと豊洲」との間にブリッジを架けて歩行者動線の回遊性を高めている。

以下、(1)は所在地、(2)は事業主体、(3)は設計者、(4)は施工者、(5)は構造/階数、(6)は延べ面積。一部数字は、当初発表時のものを含む

施設概要 (1)東京都江東区豊洲2-2-1 (2)三井不動産 (3)大成建設、デザイン監修:光井純アンドアソシエーツ建築設計 (4)大成建設 (5)鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造(免震構造)/豊洲ベイサイドクロスタワー:地下2階・地上36階、B棟:地下1階・地上24階 (6)豊洲ベイサイドクロスタワー:約18万4800m2、B棟:約7万2500m2

開発・開業経緯 12年8月豊洲2丁目駅前地区再開発事業施行認可(東京都)、16年12月同2-1街区タワー着工(~20年3月竣工)、18年1月同2-1街区B棟着工(~20年10月竣工予定)、19年11月街区名称発表、開業時期発表(20年4月24日、ホテル6月25日)、20年4月7日開業延期発表、同6月1日商業施設開業、同8月3日ホテル開業時期再発表、同8月10日ホテル開業(予定)

豊洲ベイサイドクロスタワーを北西側から見る(写真:日経クロステック)
豊洲ベイサイドクロスタワーを北西側から見る(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
左手が豊洲ベイサイドクロスタワー。2015年竣工の豊洲シビックセンター(右手)、および東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)豊洲駅の改札階と2階デッキで接続されている(写真:日経クロステック)
左手が豊洲ベイサイドクロスタワー。2015年竣工の豊洲シビックセンター(右手)、および東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)豊洲駅の改札階と2階デッキで接続されている(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
豊洲ベイサイドクロスタワーの施設案内図(資料:三井不動産)
豊洲ベイサイドクロスタワーの施設案内図(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
既存のショッピングモール「ららぽーと豊洲1」側から豊洲ベイサイドクロスタワーの低層部を見る。タワーの1〜4階は「ららぽーと豊洲3」とし、1・2のリニューアルに合わせて増床した格好になっている(写真:日経クロステック)
既存のショッピングモール「ららぽーと豊洲1」側から豊洲ベイサイドクロスタワーの低層部を見る。タワーの1〜4階は「ららぽーと豊洲3」とし、1・2のリニューアルに合わせて増床した格好になっている(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲3の4階デッキ側から既存の同1を見る(写真:日経クロステック)
ららぽーと豊洲3の4階デッキ側から既存の同1を見る(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ららぽーと豊洲(リニューアル) 

外観デザイン含め大規模刷新、東京湾岸エリア最大級の商業施設に

 三井不動産は、豊洲ベイサイドクロスの街開きに合わせ、隣接する商業施設「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲1・2」のリニューアルを実施。2006年の開業以来、最大規模の刷新となる。新規62店舗、改装40店舗に、豊洲ベイサイドクロスタワー内の36店舗、既存店を合わせると全214店舗に達する。

 20年1月に開業期日を3月18日と発表したが、延期を決定した後、ららぽーと豊洲1・2は5月29日より、豊洲ベイサイドクロスタワー内のららぽーと豊洲3は6月1日より順次開業している。

海側のドック越しに、ららぽーと豊洲1を見る(写真:日経クロステック)
海側のドック越しに、ららぽーと豊洲1を見る(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲の施設案内図(資料:三井不動産)
ららぽーと豊洲の施設案内図(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲1越しに、地上36階建ての豊洲ベイサイドクロスタワー(左手前)を見る。奥で建設中の建物は地上24階建ての同街区B棟(写真:日経クロステック)
ららぽーと豊洲1越しに、地上36階建ての豊洲ベイサイドクロスタワー(左手前)を見る。奥で建設中の建物は地上24階建ての同街区B棟(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
手前が、ららぽーと豊洲1。開業以来初めて外観デザインを一新した(写真:日経クロステック)
手前が、ららぽーと豊洲1。開業以来初めて外観デザインを一新した(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
海側のオープンスペースから、ららぽーと豊洲1、および豊洲ベイサイドクロスの2棟を見る(写真:日経クロステック)
海側のオープンスペースから、ららぽーと豊洲1、および豊洲ベイサイドクロスの2棟を見る(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲3の1階、レストランゾーン(写真:日経クロステック)
ららぽーと豊洲3の1階、レストランゾーン(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲3のエレベーター内(写真:日経クロステック)
ららぽーと豊洲3のエレベーター内(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ららぽーと豊洲1、今回拡充されたフードコートの一角(写真:日経クロステック)
ららぽーと豊洲1、今回拡充されたフードコートの一角(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]