全1011文字
PR

 東京五輪で選手村として利用した後、分譲・賃貸マンションになる「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」の住宅分譲街区の売り主10社は2021年6月25日、販売開始を延期していた街区「SUN VILLAGE」第1期および「SEA VILLAGE」第2期について、同年11月にも販売を始めると発表した。売り主10社は東京五輪の開催延期を受けて、HARUMI FLAGのパビリオン見学会を20年3月末に一時休止。「SUN VILLAGE」第1期と「SEA VILLAGE」第2期の販売開始を延期していた。

 ここにきて東京五輪の開催にめどが立ち、販売を延期していた街区を21年11月中旬にも売り出す予定になった。物件のオフィシャルサイトは詳しい販売スケジュールや最新の周辺開発状況を含む物件概要などを同日に更新。リニューアルした。

 現在は、21年8月下旬に予定しているパビリオン見学会(モデルルーム公開を含む)の再開に向けて、感染症対策や周辺開発情報の更新といったプレゼンテーションコーナーの一部を刷新する工事を実施しているという。

 分譲街区の入居開始時期は、当初計画よりも遅れることになった。東京五輪の終了後に内装などをつくり直す「板状棟」が24年3月下旬、これから建設する「タワー棟」は25年9月下旬をそれぞれ予定している。約1年の遅れになる。

今後の販売と入居のスケジュール(資料:売り主10社)
今後の販売と入居のスケジュール(資料:売り主10社)
[画像のクリックで拡大表示]
「SUN VILLAGE」第1期と「SEA VILLAGE」第2期の販売概要。SUN VILLAGEは都心がよく見える位置にあり、SEA VILLAGEは全棟が海に面する(資料:売り主10社)
「SUN VILLAGE」第1期と「SEA VILLAGE」第2期の販売概要。SUN VILLAGEは都心がよく見える位置にあり、SEA VILLAGEは全棟が海に面する(資料:売り主10社)
[画像のクリックで拡大表示]
HARUMI FLAGの販売街区図(資料:売り主10社)
HARUMI FLAGの販売街区図(資料:売り主10社)
[画像のクリックで拡大表示]

 五輪選手村の現状については、21年6月20日に報道陣に内部が公開されたばかりである。

 なお、売り主は、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産、東京建物、NTT都市開発、日鉄興和不動産、大和ハウス工業の10社。