全2062文字
PR

 「東京のさまざまな場所に現れ、会期が終わると消えていく。そんな建築物があってもいいのではないか」。建築家の藤本壮介氏は「パビリオン・トウキョウ2021」に参加するに当たり、そう考えたという。

 都内9カ所に、著名な建築家やアーティストが手掛けるパビリオンを建てるパビリオン・トウキョウ2021が、2021年7月1日に始まった。東京五輪に合わせて文化面から東京を盛り上げるプログラム「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」の1つとして、東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会が主催するイベントである。

 会期は21年7月1日から同年9月5日まで。企画はワタリウム美術館が担当した。参加するパビリオン・クリエーターは建築家の藤森照信氏、妹島和世氏、藤本壮介氏、平田晃久氏、石上純也氏、藤原徹平氏。さらにアーティストの会田誠氏と草間彌生氏である。また、真鍋大度氏およびRhizomatiksも特別参加している。

 藤本氏の雲のようなパビリオン「Cloud pavilion(雲のパビリオン)」は今回の参加者の中で唯一、都内2カ所に設置された。東京・渋谷の代々木公園パノラマ広場付近と、東京・港の高輪ゲートウェイ駅改札内だ。

藤本氏の雲のようなパビリオン「Cloud pavilion(雲のパビリオン)」(写真:日経クロステック)
藤本氏の雲のようなパビリオン「Cloud pavilion(雲のパビリオン)」(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 緑の中と駅の中という全く違う場所で、同じ雲に出会う。「自然(緑)と人工物(雲のパビリオン)、人工物(駅)と人工物という対照的な組み合わせの環境で、同じ雲を見比べてほしい」と、藤本氏は語る。

建築家の藤本壮介氏(写真:パビリオン・トウキョウ2021)
建築家の藤本壮介氏(写真:パビリオン・トウキョウ2021)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築家の丹下健三が設計した国立代々木競技場に隣接する代々木公園の入り口近くと、新しい国立競技場の設計に関わった隈研吾氏による高輪ゲートウェイ駅。公園内と最新の駅舎という異なる場所に、雲のパビリオンは置かれている。

 JR山手線を使って、原宿駅と高輪ゲートウェイ駅をはしごすれば、2つの会場を見学しやすい。建築好きなら合わせて、国立代々木競技場の外観や高輪ゲートウェイ駅の駅舎も見て帰ろう。

代々木公園の原宿門を入ってすぐのパノラマ広場付近に設置された雲のパビリオン(写真:日経クロステック)
代々木公園の原宿門を入ってすぐのパノラマ広場付近に設置された雲のパビリオン(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
2020年3月に開業した新駅「高輪ゲートウェイ駅」の改札内に設置された雲のパビリオン(写真:後藤 秀二)
2020年3月に開業した新駅「高輪ゲートウェイ駅」の改札内に設置された雲のパビリオン(写真:後藤 秀二)
[画像のクリックで拡大表示]

 複数のバルーンが組み合わさりながら宙に浮かんでいるような雲のパビリオンは、眺める角度やそのときの天気で違って見える。離れた所から見たり、見る方向を変えてみたり、バルーンの下から見上げてみたりと、いろいろ試してみるとよい。

 晴れた日の真っ青な空の下では、遠目には本当に雲が浮かんでいるようにも見える。空に雲が多い日は、空と地上の雲が一体になって見えるときがある。

代々木公園の原宿門を抜けて少し進むと、緑が広がる大きな敷地の中に雲のパビリオンが見えてくる(写真:日経クロステック)
代々木公園の原宿門を抜けて少し進むと、緑が広がる大きな敷地の中に雲のパビリオンが見えてくる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 おそらく、多くの人の想像以上に、雲のパビリオンは大きく感じられるはずだ。高さは最高で約6.3mある。幅は約7.5m、奥行きは約4.7mと、実際かなり大きい。

見る方向を変えると、全く違う形に見える(写真:日経クロステック)
見る方向を変えると、全く違う形に見える(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
太陽の光が当たる面は真っ白に見える(写真:日経クロステック)
太陽の光が当たる面は真っ白に見える(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 雲のパビリオンに近づき、真下に立ってみると、さらに大きさを実感する。バルーンの一番低い位置でも高さが約2.2mあるので、宙に浮かんでいる感じが強まる。

近づいて見上げてみると、バルーンはぶどうの房のようだ(写真:日経クロステック)
近づいて見上げてみると、バルーンはぶどうの房のようだ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオンの下から周りの景色を眺める(写真:日経クロステック)
パビリオンの下から周りの景色を眺める(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオンを下から見上げる。バルーンの大きさを実感できる。バルーンは日差しを遮る屋根にもなる(写真:日経クロステック)
パビリオンを下から見上げる。バルーンの大きさを実感できる。バルーンは日差しを遮る屋根にもなる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]