全1867文字
PR

 日本橋上空の首都高速道路を地下へ移設し、青空を取り戻す事業の初弾工事がいよいよ始まった。まずは、既存の2カ所の出入り口を撤去する。首都高速道路会社は2021年6月30日、報道機関を対象に現場見学会を開催。その模様と共に、今後の工程をお伝えする。

日本橋の上空に架かる首都高速道路(写真:大上 祐史)
日本橋の上空に架かる首都高速道路(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本橋川に沿って上空を通る首都高の都心環状線は、前回の東京五輪直前の1963年に開通した。以来50年以上が経過。1日当たり約10万台の自動車が走行するため構造物の損傷が著しく進む。首都高の地下への移設と既存高架橋の撤去によって、道路を次世代へつなぐことが急務になっている。

 一方で日本橋川周辺は国家戦略特区の都市再生プロジェクトに位置づけられ、2020年に都市計画事業として認可された。道路敷地の上下空間に建物の建設を可能にする「立体道路制度」を活用して、建物の地下にトンネルを整備し、まちづくりと一体で地下化事業に取り組む。

日本橋区間における首都高速道路地下化の概要(資料:首都高速道路会社)
日本橋区間における首都高速道路地下化の概要(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本橋区間の地下化事業の範囲は、都心環状線の神田橋ジャンクション(JCT)─江戸橋JCT間の延長約1.8km。構造別の内訳は、トンネル約1.1km、高架橋約0.4km、擁壁・掘割約0.3kmとなっている。トンネル内の換気は既設の常盤橋換気所を改築して対応する予定だ。

 事業の工程は、(1)既存の出入り口撤去など地下化に向けた準備(2)新たな地下ルートの建設(3)既設高架橋などの撤去――の3段階で計画している。地下ルートが出来上がる(2)の完了は35年、日本橋に青空が戻る(3)の完了は40年を予定している。

 地下化に向けた準備として、まずは呉服橋と江戸橋の2カ所の出入り口を撤去する。地下ルートの整備に当たって日本橋川の中での工事が必要になるため、出入り口を撤去して河川内の橋脚を減らし、水位を下げる。床版や橋桁、橋脚などを約3年かけて撤去していく予定だ。撤去工事は清水建設・JFEエンジニアリングJVが担当する。

 呉服橋出入口と江戸橋出入口は21年5月10日午前0時に廃止された。以下の図における灰色の箇所が撤去範囲だ。出入り口の撤去は、事業全体で撤去する橋梁の約1割に相当する。

撤去する呉服橋出入口と江戸橋出入口(資料:首都高速道路会社)
撤去する呉服橋出入口と江戸橋出入口(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
出入り口撤去工事の概要(資料:首都高速道路会社)
出入り口撤去工事の概要(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 出入り口の撤去工事は、足場設置、床版撤去、橋桁撤去、橋脚撤去の4つのステップで行う。呉服橋出入口で3本、江戸橋出入口で4本の橋脚を撤去する。

 以下の図は、両出入り口の撤去前後を比較したイメージだ。

出入り口撤去前後のイメージ(資料:首都高速道路会社)
出入り口撤去前後のイメージ(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]