全1825文字

 多摩川に架かる首都高速1号線高速大師橋。1968年11月の開通から50年以上が経過し、自動車による過酷な使用状況などで橋梁全体に多数の疲労亀裂が発生している。長期にわたる耐久性を維持し、維持管理しやすい構造を確保するために、橋梁を造り換える工事が進む。

台船が回転している様子(動画:大上 祐史)

台船に載せた橋桁を運搬している様子。写真上部に見える橋桁は損傷が進む既設橋。2022年5月14日に撮影(写真:大上 祐史)
台船に載せた橋桁を運搬している様子。写真上部に見える橋桁は損傷が進む既設橋。2022年5月14日に撮影(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 高速大師橋は、産業道路の大師橋の下流に位置する。多摩川のさらに下流には開通したばかりの多摩川スカイブリッジが架かる。

 1日当たりの交通量は8万台。供用から54年たっていることから劣化が著しく進み、1200カ所以上の疲労亀裂が確認されている。

高速大師橋の架橋箇所(資料:首都高速道路会社)
高速大師橋の架橋箇所(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
高速大師橋の代表的な損傷イメージ(資料:首都高速道路会社)
高速大師橋の代表的な損傷イメージ(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで様々な補強を行ってきたが、将来を見据えて更新することになった。

 既設橋は橋長292m(支間長:80m+132m+80m)、幅員16.5mの3径間連続鋼床版箱桁橋。軽量化し、多摩川の流れを阻害しないよう橋脚の間隔を長めに設計したため、たわみやすい構造になっている。

既設の高速大師橋(資料:首都高速道路会社)
既設の高速大師橋(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、新設橋は橋長292m(支間長:80m+132m+80m)、幅員18.2m、橋桁重量約4000tの鋼3径間連続鋼床版箱桁ラーメン橋だ。既設橋と同じ位置に架設する。大きさや重量は東京タワーとほぼ同等だ。

新設する高速大師橋の完成イメージ(資料:首都高速道路会社)
新設する高速大師橋の完成イメージ(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 更新に伴い、現行の道路橋示方書に適合した構造とするため、幅員を16.5mから18.2m(両側に0.85mずつ)に拡幅。上部構造の荷重が既設より大きく上回るため、下部構造も併せて造り換える。点検や補修をしやすくするため、橋桁の下面に恒久足場を設置する。