全577文字

 新設トンネル工事向けに資材を供給するメーカーに勤めて30年近くになる。各地でリニア中央新幹線の本線トンネル工事が動き出すなか、覆工コンクリートの剥落対策が十分に取られるのか心配している。時速500kmで走るリニアの車両がトンネルに突入する際の風圧は非常に大きい。剥離や剥落が生じやすい環境であることは間違いない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い