PR
全559文字

 水道工事の設計を担当している。施工後の会計検査で設計ミスが発覚し、工事のやり直しや補強を余儀なくされた事例を日経コンストラクションで見るたびに、担当した設計会社を気の毒に思う。設計ミスをしたくてする技術者はいない。大抵は何らかの思い込みによるものだ。第三者によるチェックの仕組みがあれば、防げたケースもあると思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い