全549文字

 土木業界にとってインフラはこれまで、生活を便利にしたり災害を防いだりするために新しく造るものだった。インフラの老朽化や災害の激甚化への対応が課題となる近年、国民の安全を守るには、既存施設の正しい「使い方」を分かりやすく国民に知らせるマネジメントに重点を置かなくてはいけないと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料