全1514文字
PR

 日経コンストラクションではこれまでに、工事や設計・調査、維持管理の現場におけるIT(情報技術)活用について、特集記事を継続的に掲載してきました。以前はITという言葉だけで拒否反応を示す人も少なからず存在しましたが、今ではIT抜きでは現場が成り立たなくなっています。

 設計の現場ではBIM/CIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング/コンストラクション・インフォメーション・モデリング)、工事の現場ではドローンなどを用いた出来形計測、維持管理の現場では大量の画像処理など、既に新しい技術を取り入れ始めた組織も多いでしょう。

 ITに抵抗感を抱く人でも、日常業務の改善や発注者対応などの観点から最新のITツールの動向を把握し、付き合っていかなければならない時代になっています。しかも、ITを組み込んだ建設系の技術は技術革新が速く、常に新しい情報をつかんでおかなければなりません。

 日経コンストラクション2021年6月28日号では、「加速する建設DX」と題する特集を企画。IT活用で建設分野の業務を革新する、デジタルトランスフォーメーション(DX)の動きを、具体的な事例を基に解説しました。

 例えば、建設工事の現場で採用が広がっている遠隔臨場。特集記事では、発注者も受注者も試験場に出向かずに、ビデオ会議でコンクリートの品質試験を進める事例を紹介しました。工事現場や発注者の事務所からは距離がある試験場までの往復の移動時間を節約でき、生産性を高める効果を上げています。