デザインに優れた省エネ建築を実現するため、建築の外装材が発電する「建材一体型太陽電池(BIPV=Building Integrated Photovoltaics)が注目されている。BIPVを成長市場と捉える太陽光発電モジュールのメーカーも多い。BIPVの現状と課題について、太陽エネルギーデザイン研究会会長で建築家の大野二郎氏に話を聞いた。

大野 二郎 | Jiro Ohno 1948年生まれ。74年に日本大学大学院理工学研究科修了後、日本設計に入社。日本設計環境創造マネジメントセンター(CEDeMa)長を経て、現在は大野二郎環境建築研究所代表。太陽エネルギーデザイン研究会会長(写真:都築 雅人)
大野 二郎 | Jiro Ohno 1948年生まれ。74年に日本大学大学院理工学研究科修了後、日本設計に入社。日本設計環境創造マネジメントセンター(CEDeMa)長を経て、現在は大野二郎環境建築研究所代表。太陽エネルギーデザイン研究会会長(写真:都築 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

会長を務める「太陽エネルギーデザイン研究会(SDC)」の活動についてお聞かせください。

 再生可能エネルギーを美しい形で建築や都市に表現するためには、「機能」と「デザイン」の融合が不可欠です。しかし現実には、そのための洗練されたデザインの装置や設備はあまり多くありません。そこで、開発や検討には建築業界だけでなく、関連業界や研究機関との連携が必要だと考えました。

 SDCは、そうした分野横断的な技術情報の交流の場として、2010年に任意団体としてスタートしました。建築デザインだけでなく再生可能エネルギーを導入したライフスタイルの検証を含めた活動を行なっています。同様の団体としては、2015年に日本建築学会で設立した「建築外装と太陽光発電の融合研究小委員会」や、経済産業省系の太陽光発電技術研究組合(PVTEC)などがあります。

 デザイン研究会なので、中心となるメンバーは設計者やデザイナーですが、ゼネコンの設備部門の技術者や研究者、近年は、新エネルギービジネスに関心を持つ企業、太陽光発電関連メーカー、外装材メーカー、一部流通系企業まで会員層が広がってきました。会員は、いくつかの分野に対象を絞ったワーキンググループ(WG)でそれぞれに活動を行っています。建築関連では屋根、太陽光PV、太陽熱ST、建築ACのWGがあり、建材一体型太陽電池(BIPV)の研究にも力を注いでいます。

BIPVの現状と将来についてお聞かせください。

 屋根の活用に関してはほぼ完成していると私は考えています。日本的な勾配屋根を生かして屋根面に載せた太陽光発電パネルを見て、日本はBIPVの先進国と見る外国人研究者もいるほどです。

 私が今、注目しているのはファサード、特に開口部やカーテンウオールです。太陽光発電パネルを搭載する屋根面積が限られる都市部では、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現が難しいケースも見受けられます。しかし、ファサードや開口部でBIPVを導入すれば実現可能になる例もあるはずです。

 ファサードは屋根とは違い、意匠やデザイン性も考えたBIPVが求められますが、屋根面は地上からはよく見えないので、そこに設置するモジュールはデザインより価格優先でも構わないでしょう。普及には、使い分けによるコスト配分も重要だと考えています。

 自邸「J-House」の2階開口部では、ガラスメーカーとの協働で、窓のガラスと発電ユニットを一体化する日本初の実験施工を行いました。昼間は障子の採光が逆転したような、光格子に見える光と影の意匠が開口部や床などの反射面に現れ、夜間は家があんどんのようにともります。ビルのカーテンウオールに導入すると、夏季の日射遮蔽にも貢献します。

J-House(東京・新宿区)の外観。太陽光発電、地中温度利用、パッシブソーラー利用の省エネ住宅として計画。設計は1998年10月~2000年3月、構造規模は鉄筋コンクリート+木造混構造、地下1階地上2階、延べ面積は314.01m2(写真:都築 雅人)
J-House(東京・新宿区)の外観。太陽光発電、地中温度利用、パッシブソーラー利用の省エネ住宅として計画。設計は1998年10月~2000年3月、構造規模は鉄筋コンクリート+木造混構造、地下1階地上2階、延べ面積は314.01m2(写真:都築 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
J-Houseの2階開口部のガラスには太陽光発電モジュールを設置。光の格子模様が描き出される(写真:都築 雅人)
J-Houseの2階開口部のガラスには太陽光発電モジュールを設置。光の格子模様が描き出される(写真:都築 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]