全2369文字
PR

 建設会社の熊谷組が、創業の地に立つ福井市内の自社ビルを建て替えた。年間降雨量の多い地域の市街地にあって、4階建てのNearly ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現させた。

 JR福井駅から徒歩7分という利便性の高い地域でありながら、住宅などの2、3階建て建物が多く並んでいる。2021年7月、そうしたエリアに完成した「熊谷組福井本店」は周囲の風景に違和感なく溶け込む。東側と南側の外壁に設けた庇とそで壁がファサード面を分割し、黒を基調とした建物に彫りの深い表情を与えている。

熊谷組福井本店の南東側外観(写真:熊谷組)
熊谷組福井本店の南東側外観(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 創業120年を機に、熊谷組(東京・新宿)は1972年以降使っていた旧本店を建て替えた。4階建ての新本店は、1階に大会議室と一体化したエントランスホール、2階に打ち合わせスペースと同社の歴史をまとめた展示室などを配置。3、4階を熊谷組福井本店や同社の関連会社などの事務室として利用する。

1階のエントランスホールとその先に続く大会議室(写真:熊谷組)
1階のエントランスホールとその先に続く大会議室(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]
2階の打ち合わせスペース(写真:熊谷組)
2階の打ち合わせスペース(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 「創業の地にふさわしい建物を実現するために、建築・構造、職場環境、地球環境という3つの観点から意欲的なテーマに取り組んだ」。同社建築事業本部建築技術統括部建築環境技術部部長の新井勘氏は、プロジェクトの背景をそう話す。

 建築・構造の面では鉄骨造と木造の混構造を採用し、耐火仕様の木材やCLT(直交集成板)を活用した。職場環境の面では、健康促進や災害時利用を念頭に置いたオフィスづくりを試みた。そして、地球環境の面で取り組んだのがZEBの実現だ。再生可能エネルギーを含めた1次エネルギー消費量の削減率が75%以上となるNearly ZEBの建物とした。

 熊谷組福井本店の立地は、ZEBには不利な条件が重なっていた。降水量が多い日本海側に位置し、太陽光発電が可能な期間が短い。敷地も面積565.51m2とけっして広くないため、建物の屋上に設置できる太陽光発電パネルの量は限られる。さらに敷地形状が南北に長く、空調負荷に影響を与えやすい東面に大きな開口を確保する必要が生じる。

各階平面図(資料:熊谷組)
各階平面図(資料:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]
ZEB導入システムの概念図(資料:熊谷組)
ZEB導入システムの概念図(資料:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした厳しい条件の下、建物の外皮まわりでは次の工夫を施した。

 グラスウールやウレタンフォームなどによる断熱とLow-E複層ガラスの採用によって外皮性能を強化。間口の小さい南面にはバルコニーを配して夏の強い日射が室内に入り込むのを防ぎつつ、奥行きの深い室内に太陽光を反射させて届かせるライトシェルフを取り付けた。