全1857文字
PR

 最近のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)は、省エネルギーという目的に「木材利用」や「健康促進」を組み合わせた事例が増えている。その一例となった「熊谷組福井本店」は、どのように計画を具体化したのか。前編に続き関係者が語る。

熊谷組福井本店の東側外観(写真:熊谷組)
熊谷組福井本店の東側外観(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

2021年7月に完成した熊谷組福井本店は、再生可能エネルギーを含む「1次エネルギー消費量の削減率」が75%以上となるNearly ZEBの建物ですね。

新井勘氏(熊谷組建築事業本部建築技術統括部建築環境技術部部長):降雪を含めた降水量が多い日本海側に位置し、敷地面積も565.51m2とけっして広くありません。制約が厳しく1次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスになるZEBの実現は難しいので、その次のランクであるNealy ZEBを目指しました。

建物の省エネルギー化と同時に、木造や健康オフィスの導入にも取り組んでいます。

岩下朗久氏(熊谷組設計本部設計第1部設計第2グループ副部長):4階建てで耐火建築物とする必要があったため、鉄骨造との混構造による木造耐火建築物に挑戦しました。

 1階と西側のコア部分を鉄骨造とし、事務室や会議室、展示室などが入る2階以上の東側部分を木造としています。1階を鉄骨造にしたのは、近くに足羽川が流れているため、浸水対策を考慮してのことです。鉄筋コンクリート造と木造の混構造も考えられますが、将来、木造との混構造による中高層建物の事業展開を考えて、汎用性の高い鉄骨造を選択しました。

 2階から4階までの木造部分の架構には、当社が開発した木質耐火部材「断熱耐火ラムダウッド」を採用しました。中央の集成材を覆う燃え止まり層に、石こうボードと断熱耐火パネルを積層させた新方式の部材です。福井本店では1時間耐火の大臣認定を取得した部材を柱と梁に使用しました。梁は、大断面集成材を用いて8mのスパンを飛ばしています。また東側の外周には、耐震壁としてCLT(直交集成板)を配しました。

福井本店に導入した技術を紹介した1階エントランスホールの展示。左下に木質耐火部材の模型が見える(写真:熊谷組)
福井本店に導入した技術を紹介した1階エントランスホールの展示。左下に木質耐火部材の模型が見える(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

佐部哲治氏(熊谷組福井本店作業所作業所長):木造部分の建て方は住友林業に依頼しました。同社とは2017年に業務・資本提携し、木造建築技術に関する協業を進めています。

 このほか内装まわりでも、木を意識した仕様を随所に採用しています。CLTの耐震壁は素材をそのまま見せる塗装仕上げとしたほか、梁は突き板仕上げの不燃シート、柱は県産スギ材の縁甲板などで覆いました。

2階の打ち合わせスペースや上階の事務室には、多様な席を設けていますね。

西澤雄三氏(熊谷組福井本店支配人):健康なオフィスづくりを意識して、デスクの高さやいすの座り方に変化を付けた什器(じゅうき)を置きました。

 3階と4階の執務フロアには、熊谷組と関連会社の社員が約15人ずつ入ります。フリーアドレスの席と固定席を組み合わせ、出張の人が一時的に使えるようにもしています。太陽光発電量や空調システムの稼働状況といったデータを見える化したBEMSの情報を検証しながら、執務者にとって快適で居心地よく、生産効率の高まる運用方法を探っていきたいと思います。

3階の事務室。天板の高さを調整できるデスクなど、多様な姿勢で執務や会話ができる什器(じゅうき)を用意した(写真:熊谷組)
3階の事務室。天板の高さを調整できるデスクなど、多様な姿勢で執務や会話ができる什器(じゅうき)を用意した(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]