全1796文字

 白鶴酒造は、築60年近い自社工場の屋上に381枚の太陽光発電パネルを設置した。北から吹き付ける「六甲おろし」の影響を考慮してパネルを並べ、躯体の既存防水を痛めない置き石基礎方式で取り付けた。

 1743年に創業した白鶴酒造(神戸市)の本店は、日本でも有数の酒どころ「灘五郷」のうち住吉川と石屋川に挟まれた御影郷にある。同社は2021年9月、本店敷地内に立つ三号工場の屋上で太陽光発電システムを稼働させた。1964年に建てられた三号工場は、3階建て部分と4階建て部分を組み合わせた鉄筋コンクリート造の建物だ。1年を通して醸造を行う四季醸造工場として機能している。

白鶴酒造本店三号工場の4階屋上に設置した太陽光発電パネル(写真:白鶴酒造)
白鶴酒造本店三号工場の4階屋上に設置した太陽光発電パネル(写真:白鶴酒造)
[画像のクリックで拡大表示]

 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)」では、年度間に使用するエネルギー量が原油換算で1500キロリットル以上の工場などの事業者に対し、中長期で年平均1%以上の省エネ化を求める(エネルギー消費原単位または電気需要平準化評価原単位)。白鶴酒造の太陽光発電システムの導入も、この削減目標を踏まえたものだ。

 敷地には本店三号工場のほか、大吟醸を仕込む季節蔵や木造の蔵を改装した白鶴酒造資料館が立ち並ぶ。「建物の寿命や屋根の構造耐力などを勘案すると、太陽光発電パネルを設置できる既存施設は限られる。現状で条件を満たすのが三号工場だった」。白鶴酒造生産本部環境統括室長の松田昌史氏はこう話す。3階建て部分と4階建て部分の屋上に合計381枚並べた供給最大出力152.4kWの太陽光発電パネルで、年間約13万2900kWhの発電量を見込む。