PR
施工イメージ(資料:大建工業)
施工イメージ(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]
ブロッコのライトブラウン(資料:大建工業)
ブロッコのライトブラウン(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]
カルセのペールグリーン(資料:大建工業)
カルセのペールグリーン(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 大建工業は、基材に深彫り調エンボス加工を施して、深い陰影とリアルな素材感を実現した壁材「GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)」を2018年6月21日に発売する。

 基材は、ロックウール(鉱物繊維)やシラス(火山性ガラス質材料)などを原料にした無機質素材の「ダイライト」。防火性、耐腐食性能に優れ、軽くて加工もしやすい。

 この「ダイライト」に、凹凸の深い立体的なエンボス加工を施し、そこに特殊多彩塗装を行って、石目や布目などのリアルな色柄を実現した。デザインバリエーションは、砂岩や流れ石をモチーフにした「ブロッコ」「フルッソ」、大谷石がモチーフの「カルセ」、やわらかな印象の布目柄「カーヴァ」の4種類。それぞれの柄ごとに6色を用意している。

 不燃材料認定を取得しているので、高齢者施設や文教施設、幼保施設など防火上の規制がかかる非住宅の内装の仕上げ材としても使用できる。

 サイズは455×1820mm。厚さは9mm。

 価格(税別)は、2枚入りが1万9700円。

問い合わせ先:大建工業
電話:0120-787-505
URL:https://www.daiken.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード