防水ルーバーと強風抑制羽根を備えたWRV仕様(資料:YKK AP)
防水ルーバーと強風抑制羽根を備えたWRV仕様(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
室内のパネルを開けて換気する(資料:YKK AP)
室内のパネルを開けて換気する(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
外観はファザードのガラス面と連続するフラットなデザイン(資料:YKK AP)
外観はファザードのガラス面と連続するフラットなデザイン(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、雨天や強風時でもビルの自然換気ができる横型の自然換気装置「EXIMA91c(エクシマキュウイチシー) アンダーパス」を2018年6月29日に発売した。

 一般にカーテンウオールの自然通風換気は開閉可能な窓を開放して行うが、雨が降ったり、強風や突風が吹く時などにはそれが難しくなる。「EXIMA91c アンダーパス」は、カーテンウオールの膳板に設置する自然換気装置で、室内の換気パネルを開いて外気を取り込む構造になっている。天候に左右されずに自然換気を行うことが可能になる。

 換気機能に特化した「V仕様」、防水ルーバーで雨水の浸入を抑制する「RV仕様」、強風時に内部の羽根が回転して風の流入を抑制する「WV仕様」、RVとWV両方の機能を兼ね備えた「WRV仕様」の4タイプをラインアップしている。耐風圧性は2400Pa。水密性は1000Pa。

 参考本体価格(税別)は、幅1200mmの「V仕様」が17万円、「WRV仕様」が19万5000円(組み合わせるカーテンウオール本体、組み立て施工費などは別)。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL:http://www.ykkap.co.jp/

 

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード