PR
パワーコンディショナ「KPR-A シリーズ」は、塩害のある地域への設置も可能(資料:オムロン)
パワーコンディショナ「KPR-A シリーズ」は、塩害のある地域への設置も可能(資料:オムロン)
[画像のクリックで拡大表示]
2台設置の場合でも左右幅1mで収まる(資料:オムロン)
2台設置の場合でも左右幅1mで収まる(資料:オムロン)
[画像のクリックで拡大表示]

 オムロンは、主に住宅用に向け、小型軽量化したマルチ入力タイプの太陽光発電システム用単相パワーコンディショナ「KPR-Aシリーズ」を、2018年11月10日に発売した。

 通常パワコンが設置される住宅の北側壁面には、エアコン室外機などが既にあって設置スペースが限られるケースがよくある。本製品は幅450mm、高さ562mmと小型で、従来機の6割弱の空間に設置することが可能になった。従来機の「KP-R」では15cmだった機器左右の離隔距離を、3cmに削減。2台設置の場合でも、幅1mの空間に収まる。

 軽量化も進めた。本体の重さは従来機比68%の、19.5kg。1人でも施工作業できる重量だ。施工の工数が大幅に減り、初期費用を削減できる。

 さらに、太陽光パネルからの入力電流値を最大12Aに拡大することで、高効率化が進む太陽光パネルに対応する。

 電力変換効率は96%。出力電力2.5kW、起動直後という条件下での最大変換効率は97.1%、朝夕や曇りなどの低出力時でも95.4%の高変換効率を実現した。

 価格はオープン。

問い合わせ先:オムロン
電話:075-344-8160
URL:https://www.omron.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード