PR
赤外光と白色光の照明を1つのユニットに統合した「Vario2 ハイブリッドシリーズ」(資料:オプテックス)
赤外光と白色光の照明を1つのユニットに統合した「Vario2 ハイブリッドシリーズ」(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]
赤外光を照射して白黒画像の視認性を上げる(資料:オプテックス)
赤外光を照射して白黒画像の視認性を上げる(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]
白色光に切り替えて侵入者を威嚇する(資料:オプテックス)
白色光に切り替えて侵入者を威嚇する(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプテックスは、赤外光と白色光の照明を1つのユニットに統合したカメラ用補助投光器「Vario2 ハイブリッドシリーズ」を2019年10月に発売した。

 人の目には見えない赤外光と、目に見える白色光を搭載したハイブリッドタイプのLED投光器。監視カメラの存在を気づかせたくない監視現場で夜間、赤外光を照射して画像の視認性を上げる。センサーで不審者を検知したら、照明を赤外光から白色光に、画像を白黒からカラーに切り替えて確認したり、白色光を点滅させて侵入者への警告や威嚇をしたりすることができる。

 監視カメラだけでは十分な映像を得られない環境では、補助投光器を設置するのが一般的だ。Vario2 ハイブリッドシリーズは1台で複数の役割を果たすので、セキュリティー対策に必要な照明機器の設置台数を減らし、ランニングコストを削減できる。

問い合わせ先:オプテックス
電話:077-579-8704
URL : https://www.optex.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード