PR
洗面ルームヒーターをミラーの上に設置した例(資料:タカラスタンダード)
洗面ルームヒーターをミラーの上に設置した例(資料:タカラスタンダード)
[画像のクリックで拡大表示]
浴室出入り口上の設置例(資料:タカラスタンダード)
浴室出入り口上の設置例(資料:タカラスタンダード)
[画像のクリックで拡大表示]

 タカラスタンダードは、薄型で洗面ミラーの上部や壁面に設置できる「洗面ルームヒーター(吊戸棚別体型)」を発売した。

 暖房が効いた部屋を出ると、室温差で血圧が変動して身体に悪影響を及ぼすヒートショックが起こる恐れがある。洗面ルームヒーター(吊戸棚別体型)は、洗面所に設置できる薄型タイプで、ヒートショックを予防するため入浴前に脱衣場を暖めておくことができる。

 従来、洗面化粧台の吊り戸棚と一体型のルームヒーターを販売していたが、吊り戸棚を設置できない場合でも利用できる単独設置型の洗面ルームヒーターを発売した。洗面化粧台のない脱衣場やトイレなどでも利用できる。

 タイマー予約機能や温風の強弱調整機能を備える。寸法は幅745×奥行き219×高さ103mm(最大部分)。

 希望小売価格(税別)は、4万9800円。

問い合わせ先:タカラスタンダード
電話:06-6962-1500
URL:https://www.takara-standard.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード